140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

170608-01.jpg  150608-01.jpeg

170608-02.JPG

2017/05/01
Butin de chine
蚤の市収穫。イギリスのランプ「アングルポイズ」発見。現行モデルはあちこちで見かけますが、パリの蚤の市ではあまり出会わないので嬉しい。早速デスクに使っています。カッコイイ!さらにもう一つ珍しいのは中央の分銅。これまで集めたものはほとんどが100gや200g。なんとこれ1kgサイズなんです。お、重い…。

170608-03.JPG

2017/05/03
Butin de chine
蚤の市収穫。ままごと用の小皿、大小2種類。赤い帽子をかぶった少女、オオカミ…私はこれを「赤ずきんちゃん」をモチーフにしたものだと勝手に思っているのだけど、どうなんでしょう?そしてルクルーゼ特大サイズの29(重さ6kg…)。同じサイズの青を持っていて、かなり使用頻度の高い鍋です。元々は2kg程度の丸鶏をオーブンでグリルする時ぐらいしか出番がなかったのですが、最近はカレーやら野菜スープやら8〜10人分をこれでまとめて作っています。相撲部屋のごとく(夫と2人ですけど)。

170608-04.JPG

2017/05/06
定期的に開催されているモノプリセール、昨日からスタート。必ずセール初日に店頭で冊子をもらって割引商品をチェック。家で熟読。なぜかこういうの読むの大好きなんですよね…端っこの方に小さい字で書いてある注釈まで熟読。競馬新聞さながら油性ペンでチェックをいれた冊子を片手にモノプリ内で気合の入った動きを見せている人がいたら、それは私です(笑)。モノプリ85周年記念ということで、このクッキーは1箱買うと2箱目85%オフ。ボンヌママンのお菓子は正直当たりハズレが大きいので普段あまり買わないんですが、この機会に試してみました。そうかモノプリ85周年だったのか、なかなか老舗!

170608-05.JPG

2017/05/03
先週のこっこちゃんランチ&お茶。楽しいひと時はあっという間。久しぶりに食べたジャックジュナンのキャラメル、最高でした。ここではMaison des trois thesのお茶が飲めるのも嬉しい。お茶に付いてきたチョコの味が、すごく好きな味だったのだけどずっと思い出せず…。やっと思い出しました。栗の蜂蜜だ!これだけを一箱につめて頂きたいというくらい好きです。

170608-06.JPG

2017/05/04
Butin de chine
蚤の市収穫。またまたルクルーゼ!(シール付き)しかも珍しい2wayタイプ、同じフタで深さの違う2つの鍋がセットになっています。数年前はよく見かけたアンティーク・ルクルーゼも最近はめったに見なくなりました。それなのになぜか連続で発見してます。続くときは続く、蚤の市の不思議。

170608-07.JPG

2017/05/07
今年のバゲットコンクールの結果が発表されたので、早速13区まで行って来ました。日曜日の午前中ということもあって、長い行列。なんと45分待ち。このコンクール、選考基準にブレがなさすぎるというのが特徴で、1位のバゲットは毎年かなり近い味がする。たぶん過去10年間の優勝バゲットを並べたら見事に区別がつかないんじゃないかと思う。個人的にその味が私の好みど真ん中なので嬉しいんですけど、ほんとはお店によって味も食感もさまざま、結構個性的なところもあります。優勝バゲットのついでに、いくつか他のパンも購入。特に驚いたのはフランの美味しさ!もう一度このフランのためにお店まで行こうと思うほど美味しかったです。(しかし写真はバゲットでもなく、フランでもなくなぜかクロワッサン…)

170608-08.JPG

2017/05/07
扉収集、パリ13区。おばあちゃん、雨の中立ち止まって何してるのかな?と思ったら…ペットボトルの水をものすごい勢いで一気飲みしていた。おばあちゃん…!

170608-09.JPG

2017/05/08
Butin de chine
蚤の市収穫。壁に吊るしているランプはMAZDA製。マツダと言っても日本とは関係なく、電球で有名なアメリカの会社です。キャンプなどのアウトドアで使うものだそうで、コンセントのように見えるプラグの先には専用の充電パックが必要とのこと。この可愛い水色に惹かれて買ったは良いけど、その充電パックは付いてない。家の中で使えるようになんとかコンセント式に改良出来ないか検討中です。ひっくり返せば置いても使えるので、サイドテーブルにちょうど良いかも。

170608-10.JPG

2017/05/10
Butin de chine
蚤の市収穫。去年ハワイにてライオンコーヒーの工場へ行ったときに買って、はるばるパリまで持って帰って来たマグカップ。それとまったく同じものがバザーで見つかった。ハワイでは6ドルだったけど、パリでは50サンチーム(60円)と言われたら黙って買うしかないよね。無駄に分厚くて重くて、容量は大したことないこのマグ。なぜ2つも持ってるんだ私!
そしてニット帽をかぶったお二人さん、イタリアsevi製の木製エッグスタンド。タキシードにニット帽…。この帽子を脱がせた図が衝撃の画像となります(心の準備を)。

170608-11.JPG

2017/05/11
我が家のニット帽付きエッグスタンド、集合の図。帽子を装着していないとカラッポ具合がシュールです。右の人、ハゲとるやないの。

170608-12.JPG

2017/05/12
蚤の市散策中のおやつ(朝食と昼食の間のおやつ)。ポワラーヌの前を通ったら何か買わずにはいられない。あ~美味しい!あ~足りない!

170608-13.JPG

2017/05/12
おやつ2つ目(あくまで朝食と昼食の間のおやつ)。ポワラーヌにおける究極の選択。クロワッサン or りんごのタルトレット。迷ったら2つとも買う、の法則。

170608-14.JPG

2017/05/16
扉収集、パリ3区。右隣はレストランElmer。つぎはぎ風の扉

170608-15.jpg

2017/05/17
Butin de chine
蚤の市収穫。右端に重ねておいてある、取っ手付きの花柄ココット。これ一体なんなんでしょう?ときどき蚤の市で同じような器のセットを見かけるのですが、どれもベルギー製です(これはvilleroy&boch)。ベルギーの食卓ではこういう柄杓みたいな小さな器をよく使うんでしょうか?しょっちゅうポキっと割ってしまいそうな取っ手…。
そして左に見えますのは、空のワインボトルを逆さにして干すためのラック。我が家にはすでに1段小さいサイズがあって、蚤の市で集めたキーホルダーやフックをジャラジャラぶら下げています。

170608-16.JPG

2017/05/21
珍しくAlain Milliatのジュースがセールだったので、まとめて購入。洋梨/アプリコットネクター/りんご/トマト。1L瓶×4本、重かった!これ飲んだらもうinnocentには戻れないかも…。

170608-17.JPG

2017/05/23
いつのまにか70個以上持っているアンティークのコーヒーミル。プジョーのこのシリーズだけ並べてみました。めざせ100個!笑

170608-18.JPG

2017/05/25
エレベーター通信エピソード11(完)。
前回の、作業の細分化がマニアックすぎる…という混沌のラストスパートから早2ヶ月。肝心のエレベーター本体の職人もようやくせっせと働き出し、とうとう最後の職人登場!手すりに木目調カバーを付けるおじいちゃんでした。(余談ですがこのおじいちゃん全部の歯が抜けているという衝撃のビジュアルだった)
そして2014年11月から始まった、2年半にも及ぶ中身スカスカのエレベーター設置工事が終了しました(涙)。工事完了の合図は特になく、早速誰かが使ってエラーになってましたけど…。一番乗りで使ってみようとする度胸はすごい。とりあえず私はしばらく様子を見てから乗ってみようと思います、半年後くらいに(笑)。この工事は途中で頓挫するんじゃないかと心配でしたが、全11回の壮大な物語を無事に完結出来てホッとしています。このしょーもない話にお付き合い下さりありがとうございました。終わったと思ったらまた不具合で工事再開!なんてことがないように祈るばかりです。

170608-19.JPG

2017/05/26
今日のおやつ、ピエールエルメのPain au chocolat pistache。普通のパンオショコラは棒状の固いチョコが入っていますが、これはピスタチオプードルと共に柔らかいチョコペーストが入っています。ちょっとした食感の違いが新鮮!表面にうっすら砂糖コーティングされていて、口当たりが甘いのも嬉しい。すっご~~く美味しかった。

170608-20.jpg

2017/05/28
夏の日差しになってきた。美しい季節!

170608-21.JPG

2017/05/30
Butin de chine
蚤の市収穫。こういう感じが一番好き。カラフルでポップで、乙女過ぎず、道具的良さがあり、ややアールデコ。こういう路線のものばかり置いているお店って、フランスでも日本でも意外と少ないんじゃないかと最近思う。

170716-27.jpg 140321-10.jpeg 170716-28.jpg