140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

170206-01.jpeg 150608-01.jpeg

170205-04.jpeg

2017/01/01 BONNE ANNÉE✴︎
今年も変わらず、多趣味街道まっしぐらで進んでいきたいと思います。よろしくお願いします!年に1度だけ使う 、お正月用のプレート登場。去年とほぼ同じ写真ですが…今年はちょっとだけエビが大きい(うふふ)。おせちはあんまり好きじゃない宣言をして以来、どんどん自己流になっていく元日の晩餐。伊達巻は出汁巻に変更、なますはピクルスで代用。ポイントは「一見おせちっぽく見える」です。黒豆だけは丹波産を大事に日本から持って来て炊きました。大晦日から準備して、今日もじっくり火を通して、よし!出来上がりと思ったらレシピの最後の行に「そして一晩寝かせます」と書いてありズッコケてしまった…。明日はもっと美味しくなることを想像しながら今日から頂きます。

170205-05.JPG

2017/01/02
1年のスタートにマグカップを新調しました。左がこの5年ほぼ毎日使っていたスタバの旧ロゴマグ。ロゴマークがリニューアルされたのは2011年。そのときパリ郊外のスタバで旧ロゴマグが格安で山積みになっていた(!)のを買いました。500ml以上入るので私にとってはベストな大きさだったのですが、内側のコーティングが取れて茶渋がどんどん染み込んできてしまいました。今年から筆立てに降格です。このサイズのロゴマグは15年前には日本でも売っていましたが(実は同じのが実家にもある)最近はもう見かけないですね。そして昨日から新しく使っているのが右のアスティエのマグ。随分前に買ったものだけど、電子レンジで使えないと思い込んでいて大事にしまっていました。とんだ勘違い、アスティエは電子レンジOKなんですね。そんなわけで普段使いとしてデビューしました。シンプルだけど素敵な存在感!

170205-06.JPG

2017/01/02
ルクルーゼでパンデジュネ。これは年末に作ったもの。2枚焼いて、夫の職場の忘年会に持って行きました。焼きたてはパンもふかふかで美味しい。冷める前にすぐ食べるのがベスト(つまり持ち寄りメニューとしては改善の余地あり)

今回のトッピングは3つだけ…でも忘年会バージョンなので豪華です。トマトと玉ねぎとニンニクを煮詰めたソース、普段は買わないちょっと良いモッツァレラチーズ、最後にバジルを細かく刻んでオリーブオイルに漬けたものを乗せました。

170205-07.JPG

2017/01/03
新しい水彩絵の具、OLD HOLLANDで今年のお絵かきスタート。この青には"PARIS"という名前が付いています。惚れ惚れするような良い発色、濃度、透明感。実は今までずっと、学童用水彩絵の具を使っていました。小学校で使うようなやつ…。でも今回初めて大人用(プロ用?)を使ってみてビックリ!まったく次元が違う。その差が大き過ぎてちょっとクラクラします。道具ってピンキリ…改めてそんなことを噛みしめた年始です。そのクラクラを忘れないように、今年も出来るだけたくさん絵を描いていきたいです。

170205-08.JPG

2017/01/05
年始の準備で「とらや」へ。天下のとらや様、パリの店舗も素敵です。私と同い年。36年も前からここでフランス人に和菓子を提供し続けています。そして年明けのとらやと言えば!羊羹でもなく、ぜんざいでもなく…続きはまた明日。

170205-09.JPG

2017/01/06 TORAYA/Galette des rois
1月と言えば、新年と言えば、そうです!ガレットデロワ。とらやパリ店限定のあんこ入りガレットが今日から登場です。この季節が来るたびに、いつか食べてみたいと思っていました。2017年はポワラーヌとコラボだと聞いて、買うなら今年だ!と決めました。これは4~6人用。見たことない、こんな壮大なあんデニッシュ(笑)。数年前までは色んなお店のガレットデロワを食べ比べしたくて、一人用の小さいガレットデロワをあちこちで買っていました。何種類も食べ比べ出来てそれはそれで楽しく美味しかったのですが、最近は必ず4人用以上の大きなサイズを買うようになりました。しかしクールな我が家は、フェーヴどこに入ってるかな?ワクワク♪とか一切なし。フェーヴ当たった、イエ~イ!とか一切なし。今年の傾向と今後の対策を熟考しながら、ただ黙々と吟味するのみです。うちのガレット博士は「ガレットデロワの本当の美味しさは一人用サイズでは味わえない」という結論に達しつつあります。好みの問題ですが、パイとフィリングのベストバランスを追求しています。販売期間は3週間くらいしかないので、夫と二人2、3軒食べるのが限界。今年はいくつ食べられるかな?まずは2017年第一弾ガレットデロワ、「とらや」でした。

170205-10.JPG

2017/01/07 TORAYA/Galette des rois
出てきたフェーヴは、とらやの最中「御代の春」の形でした。良かった~あんこに埋もれて判別不能な「おはぎ」とかじゃなくて…。ポワラーヌのパイを相手に互角のバランス。パイの風味を損なわず引き立て、わずかに一歩引いたとらや様の餡の上品なこと!一見謙虚なのに存在感は抜群で「うちはたかだか500年のしがない和菓子屋どすから…」という声が聞こえてきそう。引いてるのか押してるのかもう分からない(笑)。とにかく美味しいガレットデロワの幕開けでした。

170205-11.JPG

2017/01/07
街角イルミネーション、その3。思わず笑ってしまった…シャンデリアぶら下がってる!しかもバカラ!10mおき!笑
さすがサントノレ、やるなら徹底してやる。

170205-12.JPG

2017/01/08
夫のお弁当、ルクルーゼでパンデジュネ。ナポリタンバージョン。

今回のトッピング
トマトと玉ねぎを煮詰めたソース
パプリカ(赤&緑)
人参
ベーコン
パルメザンチーズをたっぷりと。

170205-13.JPG

2017/01/09 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。こんなの見たことない!と嬉しかったのはコーヒードリッパー&ポットのセット。メリタ製です。取手部分の形が良い。中央の軽量カップも素晴らしいのだけど、この写真ではその良さがうまく伝わらず残念。透明なものを写すのは難しい…本当に良い形をしています。これは1960~70年代のアンカーホッキング/ファイヤーキング。

170205-14.JPG

2017/01/11
今日からソルドスタート。朝からあちこち歩き回ってグッタリ…。帰りにガレットデロワを買う予定が、その前に力尽きて買わずに帰宅。また後日出直します!昨日の計量カップ、拡大してみました。やはり透明なものを写すのは難しいけれど、少しはシルエットが見えるようになりました。オーブン&電子レンジ対応の1リットル計量カップ、大量のホワイトソースを作るときに便利です。

170205-15.jpeg

2017/01/12
今日もタイミングが合わずガレットデロワなし。すでにキャプションは書き終え、後は写真を撮るだけなんだけど。なので全然関係ない写真。ガレットデロワは寝て待て、の図。ガレットデロワってなに?なんて今さら聞けない…の図。
インスタグラムに限らず、日常的に文章が先に出来るということがよくある。文章が出来て、そのあと出来事があって、最後に写真を撮る。まだ行ったことのない国での、これから起こるであろうことが文章になって頭に浮かぶ。言葉のスピードはすごく速いので、事前にある程度完成する。旅行記を書いてから旅に出るという順番。昔からこういう詞先(曲後)的な?癖がある。いつか何かの役に立つ時が来るかもしれない。
(今日のビバちゃん)

170205-16.JPG

2017/01/13 PIERRE HERMÉ/Galette Azur
ガレットデロワ2017、2つ目はピエールエルメのAzur。柚子アーモンドクリームと柚子ガナッシュチョコ、さらに柚子ピールという柚子尽くし、3/4人用。今年のフェーヴは特別仕様。パリ郊外に工房を持つセーヴル焼で作られているらしい。そしてこの柚子ガレット、そのフェーブとは別に「当たりのメダル」が入っているかもしれません。当たった人は、特別フェーヴプレゼント&セーヴル工房見学ツアーご招待!そのメダル、是非当てたい~と念を送りながら購入しました。そしたら念を送ることに集中し過ぎて王冠をもらうのを忘れてしまった…ガーン。写真の王冠は去年、一昨年のを2つ繋げてみました。毎年まったく同じ王冠なのでそれほどガーンでもないのだった。さて当たりは出てくるでしょうか?そういえば今年は定番アーモンドクリームをまだ食べていない。とっておき!の王道ガレットデロワはいよいよ来週。

170205-17.JPG

2017/01/14 PIERRE HERMÉ/Galette Azur
中から出てきたのは普通のフェーヴ。当たりのメダルは出てきませんでした、がっくし。しかもこれ可愛いのかどうかよく分からない、ハズレ感を助長するフェーヴ…
それにしてもすっごく美味しいです。柚子アーモンドクリームと柚子ガナッシュチョコの間に薄いパイ層が敷かれ、たくさんの柚子ピールも隠れています。柚子ガナッシュの弾けるようなフレッシュ感、強い強い酸味が素晴らしい!

170205-18.JPG

2017/01/16
夫のお弁当、ルクルーゼでパンデジュネ。プロバンサルな組み合わせ。アンチョビを買ったつもりだったのに蓋を開けたらサーディンだった。アンチョビ売り場はどこへ行ってしまったのか?

今回のトッピング
トマトと玉ねぎを煮詰めたソース
ナス
サーディン
オリーブ
グリュイエールチーズ

170205-19.JPG

2017/01/17 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。先週に引き続き、こんなの見たことない!メリタ。プラスチック製ドリッパーとガラス製ポットのセット。赤緑メリタカラーのパッケージが可愛い。コツコツとメリタグッズを収集していますが、アンティークメリタに関する情報があまり見つからず寂しい。古いミシュラン関連のものも相変わらず集めています。ビバンダムが渋い…。そしてどんどん増殖中の我が家の分銅。とうとう5~500gのセットを手に入れた。分銅だけで合計1kg、さらにこの木製ケースもずっしり重い。

170205-20.jpeg

そう、ご先祖様。
(今日のビバちゃん)

170205-21.JPG

2017/01/18
ソルド収穫。いったいどこに紛れていたのか…。2013年に限定販売された「150周年記念マグカップ」が2個だけ半額になって並んでいました。ベルナルドの定番マグは毎晩コーヒーを飲むときに使っているのですが(これも2年前にソルドで買った)、口当たり薄くてコーヒーがより美味しく感じます。記念マグはそれより一回り大きく、ずっしりと安定感あり。様々なデザインのシルエットが模様になっていて可愛い…衝動買いしてしまった。4年遅れで祝150周年!

170205-22.jpeg

2017/01/18 PIERRE HERMÉ/Galette aux Amandes
今年最後の、そして大本命の王道ガレットデロワ。3台目にしてようやく定番アーモンドクリーム、3/4人用です。これを食べなきゃ年が明けた気がしない!という我が家のガレット最終結論。ピエール・エルメ、サンシュルピス店で購入。先週、柚子ガレットを買ったときに王冠が入ってなかったんですよね~と店員さんに伝えると…
ええっ?王冠がなかった!それで大丈夫でしたか?(なにが?笑)王冠の無いガレットデロワなんて信じられない!どこの店舗?オペラ店?それはひどい。強く言っておきます!と、平謝り。しかも周りの店員さんと「先週オペラ店で王冠入れ忘れたらしい」「ありえないね!」なんてやり取りしている。どうやらガレットデロワシーズンにおいて王冠を入れ忘れるのは相当な罪らしい。フェーヴ入れ忘れたら処刑だな…。そんなわけで今回は王冠2つ頂きました。2人で食べるんです、とは言えなかった(笑)

170205-23.JPG

2017/01/19 PIERRE HERMÉ/Galette aux Amandes
また先週と同じハズレフェーヴが出たらどうしようかと思っていましたが…出てきたフェーヴは星!なんか当たりっぽい!笑

170205-24.JPG

2017/01/20 boîte aux lettres
ポスト収集、パリ8区。すぐ近くに凱旋門。だからなのか?誰かが凱旋門の絵が貼ったらしい。

170205-25.JPG

2017/01/21
エレベーター通信エピソード8。信じられないことに、今年に入って1月2日から(!)ほぼ休みなく工事人が来ております。しかも朝8時に作業開始。一体どうしちゃったのよ?まるで人が変わったみたいにテキパキ働く工事人(ほんとに違う人だったりして)。そんなわけで猛スピードでエレベーター工事が進んでいます。そして突然現れた、この長い長い鉄の板。何本もあります。これが相当な爆音とともに組み立てられていきます。朝8時から!ここ数日、作業はこの細長い板に集中しているらしい。ひたすら板板板板。一体何が出来るんだろう?と不思議に思っていたら…。エピソード9に続く。

170205-26.jpeg

2017/01/22
エレベーター通信エピソード9。ここ数日ひたすら爆音。ひたすら長い鉄板。一体何をやっているのか?と思ったら…完成したのはこの手すり。手すりって既製じゃなかったんだ。エレベーターの外枠に合わせて鉄板を切って、曲げて、細かい切れ目をたくさん入れて滑らかなカーブに仕上げる。見て下さい、この美しき等間隔!匠の技!そうか…毎日ひたすら手すりを作っとったわけだ。そこに注ぐ情熱を、どうかエレベーター本体にも!笑。エピソード10に続く(不定期)。

170205-27.jpeg

2017/01/23
2009年から集めているフェーヴを並べてみました。フェーヴが入っていない一人用ガレットデロワもあるので、実際はこの倍くらいの数を食べています。蚤の市でも古いフェーヴをたくさん見かけますが買ったことはありません。買わない、もらわない、ガレットデロワの中から出て来てこそ!というのがマイルールなのです。一番お気に入りは11番、マトリョーシカ。

1.ポワラーヌ(2009)
2.ピエールエルメ(2016)
3.ピエールエルメ(2014)
4.ゲラン・ルプテティデュック(2010)
5.ピエールエルメ(2013)
6.とらや(2017)
7.プーシキン(2016)
8.オーボンヴュータン(2016)
9.ジャンミエ(2012)
10.セバスチャンゴダール(2013)
11.プーシキン(2011)
12.ピエールエルメ(2017)
13.ラパティスリーデレーヴ(2010)
14.ジルマルシャル(2015)
15.スーパーのパンコーナー
16.ジャックジュナン(2011)
17.プーシキン(2015)
18.ピエールエルメ(2017)

170205-28.JPG

2017/01/24
夫のお弁当、ルクルーゼでパンデジュネ。ホワイトソースをベースにパングラタン風。あれこれトッピングしたらグラタンらしさが見当たらなくなった…。でも味はグラタン。

今回のトッピング
ホワイトソース
マッシュルーム
ベーコン
プチトマト
ブロッコリー
グリュイエールチーズ

170205-29.JPG

2017/01/25
扉収集、パリ16区。見た瞬間に思った。これ、今まで収集した扉の中で一番好き!!!!扉の向こうはコンクリートの壁。死んでる扉、37番地。

170205-30.JPG

2017/01/26
picardにて。先日この保冷対応のカートを見かけてちょっと欲しいと思ってしまった(24.90ユーロ)。冷凍食品なら1時間、普通の食品なら1時間半、保冷できるらしい。おお、優れものじゃーん!と思ったけど…よくよく考えたらパリは保冷機能にそこまで神経質にならなくて良い気候なのだった。冬は冷蔵庫内を下回る寒さ、夏もほどよく涼しい。どこで買い物しても保冷剤なんて付いてきたことないし、、、むしろこのカートはいつか日本で使いたい。目立ち過ぎるかな。

170205-31.JPG

2017/01/27 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。陶器製つばめの躍動感たるや!ようやく手に入って嬉しい。裏に(つまりお腹に)クギを引っ掛けるための穴が開いていて、壁に飾れます。この木製キャニスターは時々蚤の市で見かけるけれど、木自体が強くないためか状態の良いものは珍しい。絵の発色も綺麗に残っていて素晴らしい。

170205-32.JPG

2017/01/28
夫のお弁当、ルクルーゼでパンデジュネ。和風もあり!照り焼きチキン。

今回のトッピング
マヨネーズ
ブロッコリー
照り焼きチキン
コーン

170205-33.JPG

2017/01/29 boîte aux lettres
ポスト収集、パリ16区。まる、しかく⚪️🔶⚪️🔶

170205-34.JPG

2017/01/30 La Tour Eiffel
19区から見下ろすエッフェル塔。この坂の下は中華街。今週末の"Nouvel An Chinois"(旧正月)に合わせて、赤い提灯飾りがチラリと見えました。お豆腐と油揚げ買って帰宅。

170205-35.JPG

2017/01/31 Butin de chine
蚤の市収穫(キャニスターは先週の分)。大きくていつもの集合写真に収まらない茶色い方々。昨日夫が一つ一つ汚れを落として磨いてくれました。みんな良い色してます。

170308-01.jpg 140321-10.jpeg 170308-02.jpg