140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

161201-01.jpeg 150608-01.jpeg

161201-03.JPG

2016/11/02
今週の蚤の市収穫。B.B.社のホーローは色んな柄があるけれど、この白×青×水色のバージョンが一番好き。そしてなぜか一番出会う確率が高く、結構集まってきた。この6個キャニスターもすでに1セット持っている。お玉などをかける「レードルラック」なるものは、これまで何度も蚤の市で見かけて「こんな大層なもの誰が買うのかしらん?」と思っていたのに…とうとう買ってしまった!大した機能がないのに無駄に大きい…(笑)。

161201-04.JPG

2016/11/03
こないだのサツマイモ、ポタージュから予定変更。スイートポテトを作りました。フランスのサツマイモはオレンジ色。普通はホクホク感ゼロで水っぽくお菓子作りには向かない品種だけど、試しにルクルーゼ鍋に放りこんで焼き芋風に蒸してみたら…あまー!!なになになに、なにこれ!日本の安納芋でもここまで甘いものを食べたことない。スイートポテトになりかけてるような甘々なサツマイモ。たまたま美味しいものに当たったみたいです。これは生クリームとバターを混ぜたら最高のおやつになるはず…と思って、火にかけてしっかり練って出来るだけ水分を飛ばしました。それでもまだユルかったので船型の成形は出来ず、最後はまとめてグリル。どーみてもカボチャで作ったように見えるけど、カボチャは全く入ってません。グラタン皿いっぱいのスイートポテト…この秋一番の満足感でした。

161201-05.JPG

2016/11/04
あっちもこっちも紅葉だらけ。街中にこんなにあったのか!と毎年のことながらびっくりしてしまう…。

161201-06.JPG

2016/11/04
今日のおやつ、大好きなWalkersのショートブレッド。フィンガータイプ・三角形・そしてこの丸型があるけれど、形だけでなくそれぞれレシピも違うと初めて知りました。イギリス人のこだわり、なかなか細かい…。丸型は仕上げにブラウンシュガーがまぶしてあって、口当たりが甘くて大好き。たまたまセール中だったのでまとめ買い!

161201-07.JPG

2016/11/05
パリから電車で30分、半年ぶりにMeaux(モー)のマルシェへ行ってきました。普段見かけない野菜がたくさんあってすごく面白い。屋根付きの雰囲気も好きです。きのこ専門店も大繁盛!売り切れる前にジロール買わねば〜〜と思って私も列に並びました。今年はこれで秋の味覚に思い残すことはない。

161201-08.JPG

2016/11/05
マルシェで買ったきのこジロール。パリでは高くて手が出なかったので、モーでたっぷり購入。同じきのこ専門店で椎茸も買いました。フランスでも一般的な「shiitake」。発音が悪くて通じず、イントネーションを変えて「しいたけ、し〜たけ」を繰り返す私。最終的に「ああなんだ、シータケか!笑」と言われ、なんだか釈然としないわ…。椎茸の発音はこっちがプロ(?)なんですけど!

161201-09.JPG

2016/11/07
今週の蚤の市収穫。2個重ねている茶色のキャニスターは、珍しくイギリスのホーンジー。この「スクロール」という柄は結構レアらしく、ネットで検索してもなかなか同じ画像が出て来なくて…もしやニセモノつかまされたんじゃ!と思ったら、ちゃんと見つかりました。分銅6個も個人的に嬉しい収穫。日常生活における分銅の役割なんてマニア過ぎて伝わらない気もしますが。分銅があるとほんと便利なんですよね~。一度使ったらもう手放せないって感じ(笑)。

161201-10.JPG

2016/11/08
久々に引っ張り出してきた布を敷いてみました。リバティらしくないクッキリとしたストライプ、おそらくかなり古いデザインだと思います(アンティークのリバティを扱う手芸屋さんの隅っこでホコリかぶって埋もれていた)。もし詳しい方いたら、いつ頃のものか教えて頂きたいです。

161201-11.JPG

2016/11/09
雨上がりの澄んだ空気、日没後の太陽の名残り、点灯したエッフェル塔。しかも毎時00分のイルミネーションまであと15分…。たまたま近くにいたので、これは絶好のシャッターチャンス。近くまで行かねば!と、歩き始めたところで夫からの電話。「帰りに限定マカロン買ってきていいよ〜」ですって。なぬっ…!?回れ右して小走りでマカロンに向かいました。エッフェル塔よ、また今度(笑)。

161201-12.JPG

2016/11/09
これが小走り…いや、小躍りして買いに行ったマカロン。毎年ノエル前後にだけ販売される、白トリュフ&ノワゼット。エルメのマカロンの中でこの味が一番好きです。エッフェル塔を差し置いてでも食べる価値あり。ノエルのカタログももらってきた。今年のクリスマスケーキはどうするか…要検討!

161201-13.jpeg

2016/11/11
やっぱり見たくなって、行ってきました。17時半にシャンドマルス公園に到着。トロカデロ側は混んでいるけど、シャンドマルスは人もまばら。シャッターチャンスを狙ってポジション争いなんて誰もしてない。というか、張り切ってスタンバってるの私一人…ヒューーーー(極寒)。まだ夕焼け残る空が徐々に暗くなっていく。18時ちょうどのショータイムまであと30分。30分?!ヒューーーー(泣)。

161201-14.JPG

2016/11/12
先日まで部屋に飾っていたバラをオイルヒーターの上に吊るして乾燥中。熱くなり過ぎないように注意しつつ…。以前作ったドライのアジサイは吊るして放置するだけで完成したので今回もそのやり方で。出来上がりが楽しみ。完成したら11本の花束が出来ます。

161201-15.JPG

2016/11/16
コンクール頑張ったご褒美に、と夫がケーキを買ってきてくれた!自分を甘やかさない私でも、人に甘やかされるのは望むところです(笑)。張り切ってイスパハンセーター(と秘かに呼んでいる)を着て、記念にパチリ。

161201-16.JPG

2016/11/17
今週の蚤の市収穫。なんだか最近キャニスター続き…ホーローも陶器もどちらも好き。エールフランスの路線図はいくつか同じ表紙のものを持っているけれど、作られた年代によって印刷の色が違う。今回のは新しくて(と言っても1955年製だけど)地図が緑一色。さらに古い方がカラフルで可愛い。右端に写っているビバンダム人形、実は我が家に何体もいる。また今度、集合写真を撮りたいと思います。

161201-17.JPG

2016/11/19
風邪予防にザクロ。疲労回復効果たるや素晴らしい。食べたらみるみる元気になる。日本では30年くらい前に一度だけ食べたことがある。でもその時の記憶と、今食べているザクロは随分違う気がする。フランスで食べるザクロは永久歯みたいな形で一粒一粒がしっかりしている。記憶の中のザクロは粒がまん丸で柔らかく、まさにイクラのような見た目と食感だった。ずーっとあれがザクロだと思っていたけど、そんなザクロは存在しないようだ。一体あれは何だったんだろう??すごく美味しかった思い出。もう一度食べてみたい。

161201-18.JPG

2016/11/20
先日のパウンドケーキ、上から。周りのチョココーティングが底面にまで隙間なく付いているのが素晴らしい。チョコの海にドボンしたということか…。同じものは日本では買えないので、これをお土産に何個も(!)持って帰るという方の気持ちがよくわかります。普通のパウンドケーキとはまったく違うものを食べたような気がする。上に乗っているマカロンの色が微妙なグラデーション。この大胆で繊細なセンスがそのままケーキの味を象徴していると思います。すーっごく美味しかった。

161201-19.JPG

2016/11/22
こちらが我が家のビバンダム全員集合。国内外の蚤の市で探し続け早3年…こんなに集まりました。フランスのぬいぐるみメーカーRaynaud社が作っていた、30年くらい前のものだと思います。ビバンダム人形は現行品も含め様々な種類がありますが、我が家のはRaynaudの古いものだけ。私も夫もかなり真剣に集めています(共通の趣味がマニアすぎるぜ…)。フランスや日本、そしてアメリカでも目撃情報あります。もし見かけた方、ご一報下さい。可愛いのか?キモいのか?キモ可愛いのか?よくわからないけど、この個性あるシュールさにすっかり夢中です。フランスのアンティーク色々持ってるけど、一番好きなのはカフェオレボウルでもなく、オクトゴナルでもなく、ルクルーゼでもなく、ビバンダム!
(今日のビバちゃん)

161201-20.JPG

2016/11/23
LE BOULANGER DE LA TOUR。あの「トゥールダルジャン」が、レストランの向かいにパン屋をオープン。さっそくお店の目の前のノートルダム大聖堂を眺めながらクロワッサンを頂きました。それにしてもここはスゴイ立地だな…。天下の(元天下?)トゥールダルジャン様が作ったパンが美味しくないわけがない。今年のナンバーワン・クロワッサンに躍り出ました。最高です。バゲットとショソンオポムも美味しかった。

久々に楽しんでいるドラマ、まるでのび太くんとしずかちゃんを見ているようだ…。そういえばジャイアン的な人もスネ夫的な人も出木杉くん的な人もいるような。ドラえもん不在のドラえもん構図、やっぱりそれって最強だなと勝手な解釈ではまっています。頑張れのび太くん!いや、平匡さん!
#逃げ恥

161201-22.JPG

2016/11/23
LE BOULANGER DE LA TOUR。トゥールダルジャンでもう一つ、ショソンオポム。このよにこんなおいしいものがまだあったのか~~(気絶)。

161201-21.JPG

2016/11/24
今週の蚤の市収穫。不思議と赤×青×白のトリコロール。黒猫のキーホルダー、なかなかの目ヂカラです。

161201-24.JPG

2016/11/25
2年ぶりジャックジュナンのミルフィーユ。以前とちょっと形が違ったけれど、作りたてのフレッシュな美味しさは変わらず。期間限定のマロンと定番のプラリネを1つずつ夫と半分こして食べました。ここに来ると飲み物は紅茶で~~とかバランスをとっては負けだ!と謎の勝負に駆られてしまうので、一つはショコラショーを注文。ジャックジュナンの飲むチョコレート、ゴクゴク飲んだら喉つまる。噛むようにしてゆっくり飲みます。おまけで付いてくるチョコも美味しい。来る途中にポワラーヌのクロワッサンも食べたんですけどね…。マレ地区は滅多に行かないので満喫しました。

161201-23.JPG

2016/11/27
毎年恒例のカレンダー作り。去年までは白紙から作っていたけど、今年はコンランショップでピッタリの冊子を発見。本来は曜日別に6人まで予定を書き込めるというtodoリスト。6行あればカレンダーに丁度いい。54枚綴りなので4年分以上(!)作れる。蚤の市で集めているスタンプに水彩絵の具で色を付けて、一文字ずつ数字を押していく作業。下書きしないので、たびたびミス。ふと気がつくと3月は30日が2日ありました。がーん、一体どこからずれたんだ。でも下書きは絶対にしない。下書きほど嫌いなものはないので(笑)。コンクールが終わって、こういう溜まっていた雑務を片付けられてとても嬉しい。ひたすら地味で細かい作業、至福です。家にこもって深夜ラジオを聴きながら、深夜じゃないけど深夜の気分で…(これがうっかりミスの原因)。

161201-25.JPG

2016/11/28
量が多いので2回に分けます。今週の蚤の市収穫、その1。手前の小皿4枚はつい先日同じ柄の水差しを買ったばかり。一度見たら忘れないアールデコの華やかな柄、ギャラリーラファイエットの製品です。店主曰く1930年代のものだそう。本当はデミタスカップのソーサーなのですが、カップは無し。むしろ私にはカップなしの方が好都合だったので喜んで買いました。パリの蚤の市でなかなか手に入らないアイテムの一つが「小皿」です。ケーキ皿も大き目のものが多いし、日本でよく使われる菓子皿・豆皿のようなサイズはそもそも需要が無いのか見かけない。くぼみの無いソーサーなら小皿として使っても違和感なし!

161201-26.JPG

2016/11/28
今週の蚤の市収穫、その2。キッチン周りのもの色々。メリタの陶器製コーヒードリッパーもコツコツ集めていたら25個ぐらいになってきた(メリタ以外を合わせるともっとある)。特にこの102というサイズは使いやすくて我が家でも毎日使っている。色は全6種類で、ずっと最後の黄色が揃わなかったのだけど今回めでたく仲間入り。最初に買った水色が2012年11月だったから4年がかりです。決して黄色が珍しいというわけではないのだけれど、なかなかタイミングが合わず時間がかかりました。今度また集合写真を撮りたいと思います。

今朝ニュースを見て思わず叫んでしまいました…。来年2月に村上春樹さんの新作長編が刊行されるとのこと。楽しみすぎてニヤニヤが止まらない。

161201-28.JPG

2016/11/29
忘れちゃいけない、今月のニクの日。しかも11月は「イイニクの日」!デノワイエで初めてMerlanという部位の牛肉を買ってみました。普通の精肉店では見かけない名前。内ももの一部だそうで、とても柔らかくステーキに適しています。これぞ赤身、という赤々としたお肉。焼きすぎると固くなるので、これまでで最も血湧き肉躍る感じ(つまりレア)で焼きました。真っ赤っか、素晴らしい~。

161201-27.jpeg

2016/11/30
玉ねぎ頭とエッフェル塔。アルマ橋のたもとに新しくロシア教会が出来ました。玉ねぎ5つもくっついてるらしい…。いつかもっと間近で見てみたい。昨日と今日は特に寒い、でも寒さを吹き飛ばすこの冬一番の快晴!

170107-40.jpeg 140321-10.jpeg 170107-41.jpeg