140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

161103-02.jpeg  150608-01.jpeg

161103-03.JPG

2016/10/02
パリのエレベーター工事、エピソード6。8月末に階段を作って以来、ぱったり来なくなった工事人。2ヶ月に1回のシフトなのかしら…。工事人は来ないけど、数週間前に運びこまれ中庭に放置してある巨大BOX。ちらっと開けてみたら(開けたんか)、エレベーターの心臓部が入っていました!先日はアパートの住人がこのBOXの上にワインやおつまみを広げて、屋外パーティのテーブルとして使ってましたけど…大丈夫か心臓部(笑)。これと各階にエレベーター用の扉を設置して、階段に手すりをつけたら完成なはず。先が見えてきました。あとは工事人が来るだけだ!エピソード7に続く(不定期)。

161103-04.JPG

2016/10/03 La Seine.
いつかのセーヌ、素敵な水面。

161103-05.JPG

2016/10/04 Butin de chine.
今週の蚤の市収穫。赤/青/黄とカラフルなものが集まりました。ブロカントにも色々あるけど、こういう発色の良いものが一番好きです。コーヒーミルはmade in franceですが、久々にプジョー以外。ずっと欲しいと思っていたMOULUX製がようやく手に入って嬉しい。見た目からしてアルミ缶のように軽いかと思いきや信じられないくらい重い(重い方がコーヒー豆は挽きやすいけど)。アルミはアルミでも製造の仕方がまったく違うらしい。ポスト型貯金箱はバザーで発見。郵便局グッズはついつい買ってしまう…。

161103-06.JPG

2016/10/05 Quinoa.
最近マイブームのキヌアサラダ。サラダ以外にも、パスタや白米をキノアで置き換えて食べています。料理の付け合わせとしても使える、炒めても美味しい。こないだはカレーライスのライスを半分キヌアにしたらすごく美味しかった。スーパーのキヌアコーナーなんて今まで見たことなかったけれど、その充実度にびっくり。白キヌア、赤キヌア、茶キヌア、ミックスキヌア…いつの間に?買い占めちゃったわ!

161103-07.JPG

2016/10/06 Quinoa.
ほら、こんなに!(笑)キヌアって結構高いので、今ちょうどやってるセールで爆買い。スーパーに行って、キヌア売り場に直行し、すばやく6箱まとめて買い物カゴに入れる私。おののいたフランス人マダムもつられて手に取ってました。アイコンタクトで「オススメよ👀👍」。スーパー2軒ハシゴして、計10箱確保。これで半年くらいもちそう。

161103-08.JPG

2016/10/09 MARLETTE.
今日のおやつ。油を引かなくても全くくっつかないターク、パンケーキも面白いほどキレイに焼ける!明日の朝食もパンケーキ。バター、りんごジャム、はちみつ、メイプルシロップ…色々選択肢があって楽しみ。

161103-09.JPG

2016/10/10 Butin de chine.
今週の蚤の市、これ一つだけ…でも大きな収穫!高さ70cmの陳列棚です。積極的に集めているハリボーグッズ。不思議なことに見かける数がとても少なく、ドイツでもほとんど見つからない。こんな世界的に有名なメーカーなのに、キャラクターも知名度があるのに、どうしてグッズは少ないのか?そしてこの少年の名前は何というのか誰も知らない…(私は「ハリ坊や」って呼んでますけど)。意外と謎多きハリボーです。私の顔がハリ坊やに似ていると夫が言っています。はっ…全く同じ前髪だわ。そしてこの何考えてるかよくわからないキョトンとした表情も、、、。ますます親近感のハリ坊やです。

161103-10.JPG

2016/10/12 Jieldé tricolore.
ボンマルシェの催事限定カラーのJieldéランプ。いつかはアンティークのJieldéも欲しいけど、これは何といってもトリコロール。ボンマルシェ限定というのも魅力的。可愛くてひとめぼれ…迷い中。あ、買うかどうか迷っているんじゃなくて、もう一つ買うかどうか迷ってます。すでに一つ買ったので(笑)。今年一番大きな買い物でした

161103-11.JPG

2016/10/14
扉収集、パリ6区。初めて見た時はびっくり、普通の半分以下のサイズの小さな扉。なになになに?なにこれ!小さい扉を見るとワクワクしてしまうのはなぜなのか…。ここは日本食レストランでした。

161103-12.JPG

2016/10/15 boîte aux lettres.
とうとうこんなポストまで現れた。遠くから見て「絵で描いたみたいなポストだな〜」と思ってたら、ほんとに絵だった!郵便局の壁に付いていました。まるで建物に直接投函するみたいで面白い。この内側がどうなっているのか見えそうで見えない…

161103-13.JPG

2016/10/17 Butin de chine.
今週の蚤の市収穫、その1。ツバメ柄のカフェオレボウルは、なぜ人気があるのか以前はまったくわからなかった。わからないどころか「全然可愛くないじゃん」とすら思っていた…が!今となってはわかる。よーくわかる、この良さが。こういうものが他にもいくつかある。蚤の市って不思議です。団子三兄弟型のフックはかつてお肉屋さんで使われていたそうな。確かにお肉やソーセージを吊るす無骨な雰囲気。今週は収穫が多かったので、その2につづく。

161103-14.JPG

2016/10/17 Butin de chine.
今週の蚤の市収穫、その2。久々の壁掛けコーヒーミル、かさばるわ重いわ割れ物だわ…なので保管にも気を使う。でもついつい集めてしまう。SMITHS製の時計も嬉し珍しい収穫。置き時計や掛け時計にコンセントが付いているなんて個人的にはちょっと許しがたいけれど(笑)、これはプラグ自体が可愛いので許す…。

161103-15.JPG

2016/10/19
珍しく美容ネタ(かなり疎い分野)。今までそのへんの薬局で売っているヘチマ水的なものを適当につけてごまかしてきた30代のお肌。デパートの化粧品売り場なんて右も左もわからない状態なんですが、そろそろこだわっても良い年頃なんでは!ということで、色々吟味した結果sisleyデビューしました。ヘチマ水から飛び級しすぎ?笑。40歳に向けて、ちょっとずつ揃えていこうかな。

161103-16.JPG

2016/10/21
来月のコンクールに向けて5枚の絵を製作中。今日エントリーも済ませ、最後の追い込みです。エントリーにあたってタイトルを決めなくはならなくて、それが難しかった。日本語のタイトルはある程度決めていたので、それをフランス語に変換するのが一苦労。フランス語の先生にも見てもらって調整しました。微妙なニュアンスを伝えられるようになりたいけど、まだまだですね。私のフランス語の最終目標は、日常会話やビジネス会話ではなく、自分の作品をフランス語で表現出来るようになることかな。もちろんそこに到達するまでには日常会話も避けては通れないんですけどね…。頑張ります!

ボンマルシェの野菜コーナーでなぜかブーケ発見。こんなの前から売っていたかな?なかなかセンスの良い組み合わせ

161103-17.JPG

2016/10/22
秋の味覚。買い物に行ったら美味しそうなブドウとカボチャを見つけました。1.1kgと1.5kg、ずっしりと重かった…。今年はこのマスカットみたいなブドウ(raisin italien)がすごく美味しく感じる。他の果物そっちのけでひたすら食べています。カボチャは今年3個目、これも美味しい!皮ごとポタージュにします。

161103-18.JPG

2016/10/23 Croissant Hommage.
今日はピエールエルメで栗づくし。マロングラッセと同じ砂糖コーティングという、マロンクロワッサン。定番のイスパハンクロワッサンも好きだけどこれも素晴らしい!期間中にあと5回くらい食べたい…。

161103-19.JPG

2016/10/23 Pierre Hermé.
栗づくし全貌。栗パウンドケーキ、栗クロワッサン、そしてモンブラン。最高でした♡お皿は蚤の市でコツコツ集めSARREGUEMINESの花リムプレート、大中小(一番小さいのが16cm)。乗せるものを選ばないこのシンプルなお皿は、他の柄アイテムと合わせる時にすごく便利。個人的にはもう少し主張の強いデザインが好きなのだけど…こういう引き算アイテムがあるとバランスとれますね。
ということを、足し算主義の私は数年前までまったく分からず(笑)。柄物だらけだった我が家の食卓に、ある時「無地の食器が必要だ!」と気付いて慌ててこの花リムシリーズを取り入れたのでした。それ以来定番で使っています。

161103-20.JPG

2016/10/26 Butin de chine.
今週の蚤の市収穫。手前の脚付きクリスタルはオールドバカラ。普段集めている古道具(ガラクタとも言う)とは一線を画する、ブランド品です。この分野にもちょっと足を踏み入れてみる?いやいや、これ以上守備範囲広げちゃダメでしょ…。興味がないわけではないので迷うところです。それにしてもLUの巨大ビスケット型鍋敷きの存在感がすごい…!

161103-21.JPG

2016/10/27
「Trompettes de la mort」=「死のトランペット」という名前のキノコ。ぴったりなネーミングだけど、食べ物に(ましてやキノコに)「死」って単語使う?年に一度この季節にたっぷり食べます。キノコは水で洗わないのが鉄則とのこと、キッチンペーパーやナイフの先を使って細かい枯葉や虫を取り除かないといけません。筒状になっているので内側も一つずつ掃除します…結構たいへん。その作業を乗り越えたら最高に美味しい秋の味覚を味わえます

161103-22.JPG

2016/10/27
掃除を終えたトランペットキノコがこちら(落ち葉の山盛りに見える…)。まるで松茸みたいに強い香りがしています。炒めたのですが、フライパンについた香りがなかなか取れないくらい強烈でした。最高に美味しかった!!中途半端な量にせず「これで来年まで思い残すことはない!」と納得するくらい思い切って食べるのが、旬の短い食材を味わうときのマイルール。キノコはあとジロールとセップもあるし…頑張ります。

161103-23.JPG

2016/10/28
しつこく今日も秋の味覚を見つけてきました。なかなか手に入らないので年に一度だけ食べるこのカボチャ、その名も「ホッカイドウ」という品種。味はまさに日本の南瓜です。煮物にする予定。今そこで掘ってきた!みたいなさつまいもは水分が多そうなのでポタージュに。りんごも美味しい季節です。

161103-24.JPG

2016/10/28
行って来ました、サロン・デュ・ショコラ。もう9年連続行っているので来年で10周年!今年はインスタグラムが縁でこんな美味しいチョコレートに出会うことが出来ました。家に箱入りチョコレートがあるとなんでこんなに幸せなのか~。「Bruno Le Derf」さんのチョコ、毎日一粒ずつ頂きます。

161103-25.JPG

2016/10/31
もうこんな季節。今年のギャラリーラファイエットのツリーは…まっしろ。

161103-26.JPG

2016/10/29
10月の「ニクの日」は鴨コンフィにしました。表面を強火でパリッと焼いて仕上げます。コンフィとポテトまではフランスらしい定番ビストロ料理だったけど、なぜか付け合わせは中華風もやし炒めと白米。前後の献立との兼ね合いで…こういうこともあります

170107-38.jpeg 140321-10.jpeg 170107-39.jpeg