140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

161001-32.jpg  150608-01.jpeg

161001-08.JPG

2016/09/01 Prune reine claude
レーヌクロード全盛期!糖度18度と書いてあったもの、まるでジャムみたいに甘い。しっかり熟して、ちょっと皮がシワシワになってから食べると最高。コンポティエのコンポティエらしい使い方。

161001-09.JPG

2016/09/02 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。コーヒーミルとハンガーとお皿。どれもお気に入り。特に気になるのは5枚まとめて買ったお皿。Sarreguemines製で1960〜70年代のラポスト(郵便局)マーク入りというもの…一体どういう製品なのか気になっています。厚手で簡単には割れない、いかにも業務用/飲食店用な雰囲気があります。郵便局の社員食堂で使われていたとか?詳細の解明が待たれます。ラポストグッズにまさか食器があるとは思わなかったので嬉しビックリな出会いでした。

161001-10.JPG

2016/09/03 Quelle belle vue!
6番線の車窓から。

161001-11.JPG

2016/09/04
夫が「電車で怖いものを見た!」と言って写真を送ってくれた…確かに怖い。フランスでもよく子供が遊んでいる"赤ちゃん人形"。なんと2体持ち!微妙に大きさが違うので、双子ではない(笑)。何と言ってもこのリアルさが衝撃的です

161001-12.JPG

2016/09/04 L'Arche de la Défense
凱旋門を背にして見える、新凱旋門。パリの夏、終わりそうで終わらない…来週も気温変わらずみたいです。絶対そのうちガクッと寒くなると思って身構えてます。すぐそこまで来ているはず、夏から急に真冬になる(秋ゼロ)これぞ寒暖の差ってやつが。

161001-13.JPG

2016/09/06
メトロの広告張り替え作業中。「為替が1ユーロ=110円を切ったら買うものリスト」のトップにスタンバイしているこの香水。変動激しい割に切りそうで切らなくて、結局買うタイミングを逃し続けています…。ちなみに「1ユーロ=100円を切ったら買うものリスト」もあります(笑)。

161001-14.JPG

2016/09/08 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。真ん中の1枚だけあるお皿は、少しずつ集めているエールフランスの機内食器。大き目のプレートは初めて手に入れました(実物を見たのも初めて)。この絵柄の食器はグラス類まで種類が豊富で、収集甲斐がある。いつかズラッと並べてみたい。

161001-15.JPG

2016/09/09 Bon anniversaire
今日は夫の誕生日、40歳!彼はチーズケーキにはちょっとうるさいチーズケーキ博士なので(笑)、チーズケーキ・イスパハンを選びました。以前にも食べたことあったけどいつだったかなぁ?と日記を遡ってみたら2012年でした。変わらずとっても美味しい。しばし誕生日写真続きます…。

161001-16.JPG

2016/09/09 Bon anniversaire
夫の誕生日ディナー、その1。お肉屋さんDesnoyerで熟成肉を調達しました。二人分で約450g。すでに熟成の独特な香りが強烈です。これだけじゃ足りない気がして、もう一つ…。

161001-17.JPG

2016/09/09 Bon anniversaire
夫の誕生日ディナー、その2。同じくデノワイエにて、リードボー(子牛の胸腺肉)!こんなにツヤツヤで綺麗なリードボー、普通のお肉屋さんには売っていません。白子みたいにフワフワ、しっとり…大好物なのです私が。

161001-18.JPG

2016/09/09 Bon anniversaire
夫の誕生日ディナー、その3。両面強火で焼いて少し火を弱めてさらに裏表各2分。わずか10分で出来上がり…失敗出来ないから緊張しました。中はかなりレアです。一口食べて、二人で絶句!こんな美味しいお肉食べたことありません。牛肉の概念ひっくり返りました。そしてやっぱりターク様様です。夫も「よし、大きいサイズのタークも買おう!」と言っていました。意外と私よりハマってるのかも(笑)。

161001-19.JPG

2016/09/09 Bon anniversaire
夫への誕生日プレゼントはパトリック・ロジェのオランジェット!「プレゼントあるよ♪」と渡そうとしたら、紙袋を見た瞬間に「それ絶対自分が食べたくて買ったでしょ〜!」と言われる(笑)。ばれてる…。ばれちゃあしょうがないから率先して食べてます。オランジェットはもっと苦味があるものが好きと決めていたのですが、そんな好みなんて吹き飛ばしてしまうほど美味しいです。苦味は控えめですが、暫定ナンバーワンオランジェットです。

161001-20.JPG

2016/09/12
Butin de chine☺︎
今週の蚤の市、その1。点数が多いので分けて集合写真撮りました。さすが収穫の秋。今回初めてダンディーマーマレードポットに出会いました。貴重で高価そしてポットと言えばイギリスというイメージだったのですが、これは裏面に"POT MADE IN ENGLAND"、ポット側面に"FABRIQUÉE EN FRANCE"と表記されています。フランスにも縁があったのかと思うと嬉しい。その2に続く…

さて、今朝我が家にネズミが出ました!(唐突にすみません)今回が初めてではないのですが何度見ても「ギャー」です。シンクの下に毒入りエサを置いていたのですが、確認すると綺麗に無くなっていました。空っぽの紙トレイだけが残っている状態を目にして、グッと胸に迫るものがありました…。これまでのチュー太との長い闘いは、私のフランス生活において確実にベストスリーに入る事件です。まさかパリでネズミ獲りの罠を自分で作ったりする(しかも結構機能的に出来た)とは思いもしなかったわ(笑)。その話はまたいつか。

161001-21.JPG

2016/09/12 Butin de chine
今週の蚤の市、その2。コーヒーミルやホーローポットはいつものメンバー。そして珍しくカップ&ソーサー。6客もあって迷いましたが、思い切って全部買いました。アラビアのヴィンテージで「エミリア」というシリーズ 、50年以上前のものだそうです。アラビアは現行も可愛いけれど、古いものはもっと可愛い。その3に続く…

161001-22.JPG

2016/09/12 Butin de chine
今週の蚤の市、その3(のんびり更新しているうちにもう週末が来てしまいましたね…)。最後はひとめぼれで購入した、こちら。高さ10cmほどのナンバープレート…すごく気に入っているけど、これ一体なに?!裏に「GRAHAM&MORTON」と刻印されているので調べてみたところ、この名前でアメリカ・ミシガン州で大型蒸気船を作っていた会社が出てきました。蒸気船?この番号札も船の中で使われていたものだろうか?タイタニック号みたいな豪華客船とか?情報が乏しいので果たして船関係のアイテムなのかいまいち確信が持てないけれど、あのタイタニック的なドラマチックな背景がなきにしもあらず…と思うとちょっと面白い。

161001-23.JPG

2016/09/10
TAKASHI MURAKAMI/GALERIE PERROTIN
12月までギャラリーペロタンで開催されている村上隆さんの個展。少し前ですが初日の早い時間に一人で行ってみたら、会場前でご本人が取材の準備をされていました。一般公開はもっと後だったのですが、朝から駆けつける追っかけ的存在は見当たらず(私以外は)。とりあえず一番で出待ち!が追っかけの基本でしょう(笑)。ペロタンの素敵な雰囲気と、ちらりと見える圧倒的な新作と、ご本人を遠目で見て帰ってきました。個展自体はまた後日ゆっくり観に行こうと思います。

161001-24.jpg

2016/09/21
扉収集、パリ16区。扉の周りにグルリとガラスのブロック。16区は個性的な扉が多く、歩いているだけで楽しいです。

今日はパリで初めて歯医者さんへ行きました。レントゲンを撮ったら歯の根元が折れていると分かり、急遽抜歯することに…。ドクターに「あなたに選択肢があるとすれば、今日抜くかそれとも明日抜くか、それだけだ」となんかカッコ良い風に言われ、明日抜くことにしました。頑張ります(涙目)…。

161001-25.JPG

2016/09/22 La Tour Eiffel
今朝のエッフェル塔。無事に抜歯終わりました…歯を抜いたのは8年前の親知らず以来人生2回目。麻酔が切れて痛いけど思ったほどは痛くない、出血も止まって腫れもない。やれやれ、なんとか順調に回復に向かっているようです。
今回抜いた歯というのは、親知らずではなく普通の奥歯。かれこれ20年以上前、私が中学2年生の時の話。学校の階段でつまずき5段目あたりから派手にこけてアゴを強打。手もつかず膝もつかず全体重をアゴのみで受け止めた結果、奥歯が2本割れました。母親に付き添ってもらって大学病院の口腔外科で治療開始。最初の診察のときに母が焦って「階段5階から落ちました!」と言って一瞬お医者さんをギョッとさせたけど「あー、5段目のことですね」とクールに返されたことは今でも忘れられません(笑)。幸い傷は軽く、アゴの炎症はすぐにおさまり、割れた歯も根元は生きていたので部分的に銀歯にして問題なし。その後はそんな怪我も忘れるくらい、何でもバリバリと噛み砕いて生活してきました。今回抜いたのはそのとき治療した歯の一つ。いつの間にか歯茎の中で折れ、よく見ると全体にヒビも入っていました。限界だったんですね…抜歯前に全く痛みがなかったのが不思議だそうです。怪我から20年以上を経て、こうしてパリで役目を終えるなんて数奇な運命の歯!(笑)すっかり忘れていた20年前のことを思い出し、ちょっと懐かしい。

161001-26.JPG

2016/09/24
1日遅れでSONGSをみる。圧倒されちゃって、言葉もなくて、今日もまた朝から繰り返しみてる。私は恥ずかしいくらい音楽に疎くて、音楽そのものにも心から興味が持てなくて(救われなくて)、中学生くらいからなんとなくそのとき流行ってる邦楽を聞き流してきました。正直この世に音楽があってもなくてもどっちでもいいと思いながら。でも久しぶりに彼女をみて、その歌う姿にくぎ付けになった。デビューのときよりもっと衝撃的かもしれない。そうか6年もいなかったんだ。ずっとこういうのが聞きたかったんだ、待ってたんだ…そういう気持ち。

#宇多田ヒカル

161001-27.JPG

2016/09/24 Bonne nuit
朝晩は寒くて、じわじわと冬の気配。最近は相変わらず家にこもって絵の作業。5枚同時に描いているのでなかなか完成しませんが、10月末には出来上がる予定です。がんばります。

161001-28.JPG

2016/09/25 HARIBO
ハリボー大好き♡先月デュッセルドルフでまた持って帰ってきましたハリボー♡ピンクのパッケージに惹かれて見たことのないシリーズを発見。なんか美味しそう〜♡期待しながら1個食べてみたら…ウッ!!ウーーー!!(苦)なんじゃこりゃ!!超強力なメンソール味、いや味というか刺激。メンソール原液で出来てるんじゃないか?噛めば噛むほど刺激が、、、ウーーー。この後しばらく食べ物の味が分からなくなりました。これ2粒以上一度に食べたら絶対危険だと思う(個人的感想)。だから珍しく個包装なんだな…。よくよく見るとこの「桜と富士山と初日の出」みたいなエセジャパンなパッケージも怪しいし、とんでもないグミを買ってしまった(笑)。

161001-29.JPG

2016/09/26 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。しみじみ眺めて喜んでいるのは、クリストフルのアイスクリーム用の器×3。早くこの銀食器にお上品にバニラアイスを乗せてみたい!でもその前に、我が家にはアイスを丸くスクープする道具がないからそれも手に入れないと…。さらにその前に、我が家には冷凍庫がないからまずそこから手に入れないと…。自宅でアイスを食べるというだけで様々なハードルがありました。当分先になりそうなので、プリンでも乗っけとくか。

161001-30.JPG

2016/09/28
先日のSONGSですっかり感化され…買っちゃった。もし日本に住んでいても、昔みたいにお店に行ってCDを買わないと手に入らなかったらきっと買ってなかったな。音楽配信というシステム、ばんざい!さっそく繰り返し聴いてます。ちなみに一番好きなのは『ともだち』という歌。私は「墓場」っていう単語に弱いんです。

161001-31.JPG

2016/09/29 Faux-fillet
待ってました29日!先日の夫の誕生日に食べたお肉があまりに美味しかったので、我が家では毎月29日は「ニクの日」としてドドーンとお肉を食べようということに決めました。今回もデノワイエで調達。Faux-filletという部位、サーロイン。なんて美味しいんだ~~。二人で540g、前回より大きめで我が家のタークにはギリギリのサイズでした。毎月違う部位に挑戦したいと思います。来月はバベットにしようかなぁ。「2月は29日が無い…はっ!じゃあ2月9日にすれば良いじゃないか。うーん、でもそれじゃあ1月29日とちょっと近すぎるかも…」と夫が嬉しそうにぶつぶつつぶやいておりました(笑)。4年に3回のニクの日問題ですね。

1601103-27.jpeg 140321-10.jpeg 1601103-28.jpeg