140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-07.jpeg141118-10.jpeg141118-08.jpeg141118-09.jpeg

160703-01.jpeg 150608-01.jpeg

IMG_1161.JPG

2016/06/02 パリのエレベーター工事、エピソード1。我がアパートにエレベーター設置の工事が始まったのは2014年11月のことだった。進んでるのか進んでないのかよく分からない作業はすでに1年半…。ようやくエレベーターの土台らしきものが現れた!このわずか1mの隙間にエレベーターを作るなんて、最初はとても信じられなかった。今日も朝から作業員たちが「あーでもないこーでもない」と説明書を見ながらノロノロと部品を組み立てている(イケアの家具じゃないんだから…)。日本なら20世紀ですらすでにもっと進歩したものがあったんじゃないかと思わせるような、2人乗りくらいの小さな鉄製のカゴも運び込まれた。このカゴに本当に人が乗るのかと思うとなかなかスリルである。とりあえずあまり乗りたくない(笑)。この19世紀的エレベーターの完成までじっくり観察をしていこうと思う。

IMG_1257.JPG

2016/06/03 Les pieds dans l'eau
過去30年で最高の水位となったセーヌ川、街灯が沈んでゆく…。毎日雨ばかり。パリは梅雨もなく年中乾燥している状態が普通なので、何日も湿度が高いとあちこち不具合が生じます。我が家も木製の窓枠や玄関の扉が膨張してかなり閉まりにくくなってしまいました。これでも日本の湿気にはまだまだ及びませんが…。早くカラッと晴れてほしい!

IMG_1250.JPG

2016/06/03 Les pieds dans l'eau
ちなみに1910年の大洪水の水位はこちら。パリがすっかり浸水し、人々は船で移動したそうです。

IMG_1206.JPG

2016/06/04 Trio tricolore
メトロ、夏らしい広告が増えてきた。あちこちで見かけるポスターだけど、ここはタイルも椅子も見事な赤×青×白!

IMG_1368.JPG

2016/06/07 Butin de chine
今週の蚤の市収穫。ツイッギーちゃんは2週連続の奇跡。一体(一頭?)ずつ手描きで色付けされているので微妙に表情が違います。前回の方が若々しい。さらに近所でバザーをやっていて、陶器いろいろ収穫あり。ご近所さんたち意外と良い物持ってるね…!最近ちょっと大き目のオーバル皿があると便利なんだけどなーと思っていたので2つも手に入って嬉しい。

IMG_1541.JPG

2016/06/07 Gelée au café
急に暑くなってきたのでコーヒーゼリー作りました。濃い目にいれたライオンコーヒーを一晩冷やし固めて、クリームたっぷかけていただきます。今年はゼリーたくさん作ろう。ほんとは生クリームをホイップして乗せようと思ったのに、どれだけ攪拌してもホイップにならなかった(非常につかれた)。生クリームだと思って食べていたものが実は違ったのか?なぞ…!

IMG_0346.JPG

2016/06/08 扉収集、パリ3区。神殿みたいな柱とこの建物のために作られた見事なカーブの扉。パリで目にする扉の多くが、当たり前のようにオーダーメイドで作られている。パリそのものの魅力にも通じると思う。同じものが他にない、という素晴らしさ。

IMG_1688.JPG

2016/06/10 JR au Louvre
朝8時、まだ人がいない時間に見に行ってきました。ルーヴル美術館のピラミッド、だまし絵みたいに消えています。こういうの大好き。

IMG_1702.JPG

2016/06/10 Place du Palais Royal
パリのあちこちで見かける、この円柱広告塔。colonne morris(コロン・ モリス)という名前らしい。昔からこれが気になってしょうがない。オペラ通りなんて10mおきくらいに設置してあって、なかなか壮観です。たまに蚤の市で卓上サイズを見かけるけれど、あんな小ささで満足出来るかどうか?コロン・モリスは大きいから良いのだという気がする。いつか自分の庭を手に入れたら、さりげなくコロン・モリスを置いてみたい。さすがにこのままだとちょっと巨大だから、電話ボックスくらいのレプリカで良いですが(笑)。

IMG_1631.JPG

2016/06/10 パリのエレベーター工事、エピソード2。螺旋階段の小さい吹き抜け部分に、これまた小さいエレベーターを取り付けようと工事が始まったばかり。が、案の定サイズが合わずガリガリと大きな音を立てて階段の方を短く削っています。階段ってそんな簡単に削れるものではなく(そもそも削ったりしていいんでしょうか、、)、工事は難航中。そして削ったことで不安定になった階段を支えるべく赤い柱が設置された。昨日までなかったはずだけど、こんなのあるとちょっと不安になるじゃないですか。
まるで突っ張り棒みたいだし!そしてまさかまさか、この突っ張り棒の上に我が家があるのです…(笑)。

IMG_1728.JPG

2016/06/11 Mon petit déjeuner
週末はデュッセルドルフに1泊してきました。前日に買っておいたSébastien Gaudardのクグロフとショソンオポムを持って、朝5時台のタリスに乗車。しばしドイツ写真続きます。久々に使ったこのお皿は、2009年にパリの古着屋さんで見つけたもの。まだ今のように毎週末蚤の市に通うようになる前で、たまたまひとめぼれして買った初めてのアンティーク皿でした。このユーモラスな朝顔の模様、意外とこう見えてベルナルド製です。

IMG_1762.JPG

2016/06/11
Voyage---Düsseldorf,Allemagne
7回目のデュッセルドルフ。蚤の市へ向かう途中でドイツ版コロン・モリス発見!パリに比べて結構小さい(もっと小さいものもあった)。前回来たのは昨年の11月。あれからトラム&地下鉄の大工事があったようで、あるはずのところに駅がなく、ないはずのところに駅があり、急に進化したデュッセルドルフ…。持っていた路線図が使い物にならなくてビックリです。

IMG_1823.JPG

2016/06/11
Voyage---Düsseldorf,Allemagne
デュッセルドルフでいつも楽しみにしている朝ごはんはこれ。クロワッサンとプレッツェルをうまく融合させたパン(1.30ユーロ)。ドイツ語で「Laugen-Buttercroissant」という名前が付いているけれど、いやいやいやいや、私はこれを潔く「クロッツェル」と呼ばせて頂きたい。クロワッサンのバター風味と、プレッツェル特有の香りと塩味…ちょっと感動的な美味しさです。まさにクロッツェル!!

IMG_1770.JPG

2016/06/11
Voyage---Düsseldorf,Allemagne
フランスに比べてドイツは物価が安いので、日用品も買い出します。ビオナーデ飲んでちょっと休憩。タリス1本で行けて、時差がなくて、通貨も同じで、物価も安い…こういう基本的なハードルが低いので、ついつい繰り返しデュッセルドルフに足が向いてしまうというわけです。同じようにユーロスター1本で行けるロンドンは、時差はあるし、通貨は違うし、物価は高いし…なかなかハードルが高い。ここ数年ほんとはすごーく行きたいと思っているけれど、近くて遠いロンドンです(しかもユーロ離脱問題でますます遠のいていく気がする、、、どうなることやら)。

IMG_1921.JPG

2016/06/13
Butin de chine à Düsseldorf
デュッセルドルフでの収穫、いろいろ。なぜか今回は人形、特にシュタイフをたくさん見かけました。ドイツの蚤の市といっても全然見つからないこともあるのに、こんなにシュタイフが充実していたのは初めて。そして「特に人形が多いけど、最近続けて出会っているツイッギーもいたりして…」「まさかね〜」なんて夫と話していたら、ホントに、いた!!思わず駆け寄る、もうこうなったら買うしかない。夫曰く「今日はいる気がしたんだよ…」と。ほんまかいな(笑)。パリだと高すぎて買えないミシュランのビバンダム灰皿にも出会えたし、なかなか良い収穫でした。また次は夏頃に…

IMG_1869.JPG

2016/06/14
Voyage---Düsseldorf,Allemagne
昨年11月にデュッセルドルフで買ったロベルトヘアダーの包丁、とっても使いやすかったので大きいサイズも買い足しました。軽いのに安定感があって、手にしっくり馴染みます。この2本、これから長いお付き合いになりそう。

IMG_2238.JPG

2016/06/18 Les merveilleux
今日のおやつ、「Aux Merveilleux de Fred」のメレンゲとクリームたっぷりのケーキ。我が家ではフランスサイズのケーキは、2人で3個が適量(日本サイズなら2人で4個)。スペキュロスクリームが入っている白メレンゲが一番好きです。うふふ、、、最高に美味しかった!!

IMG_2277.JPG

2016/06/20 tomate,coriandre,échalote
新鮮なものが手に入ったので、パクチー主役のサラダ。プチトマトとみじん切りエシャロットとパクチーを、オリーブオイルとビネガーと塩こしょうで和えただけ。夏にぴったり…。そろそろパリも暑くなってくる予報。今週は30度を超えるかも?待ち遠しいー!

IMG_2318.JPG

2016/06/21 Anniversaire de mariage
6回目の結婚記念日。今年のケーキは原点回帰(?)でピエールエルメ。今の季節はベリー類が旬なので、特に美味しく感じるイスパハン。形の揃った大粒のフランボワーズは噛むと弾力があり、すでに3倍濃縮したような濃厚さ。こんな特別なフルーツは普通の市場には出回っていないと思います。1粒1粒が、まるで丁寧に作られたお菓子みたい。食べていると「これってフルーツだったっけ?それともこんな形をしたエルメのお菓子?」と、ちょっと混乱してきます…。私、だんだん混乱してくるくらい複雑な食べ物大好きなんです(笑)。ちなみにこのケーキは3〜4人用のホールケーキで、約30粒のフランボワーズが使われていました。最近ちょっと食べ過ぎですね。引き締めます。

IMG_2343.JPG

2016/06/21 Terrine de poisson,lotte
夫が買ってきてくれた、魚のテリーヌ。真ん中に半生のアンコウが入っています。ううう、美味しい!美しい!

IMG_1788.JPG

2016/06/23 boîte aux lettres à Düsseldorf
ポスト収集、デュッセルドルフ。ほとんど装飾はなく素っ気ないほどシンプル。

IMG_1931.JPG

2016/06/24 Heinemann
デュッセルドルフに行くたびに通っているハイネマン。そのうち食事メニュー制覇するかも。メニューどころか、保冷バッグや傘まで持ってる…オリジナルグッズも制覇するかも。ハイネマン大好き♡お土産にクッキー2種。このSabléがとーっても美味しいのです。

IMG_24530.JPG

2016/06/24 Croissant,,,
水曜日から始まったソルド♡ソルドごとに1つずつ集めているアレクサンドルドゥパリの髪飾り。半額な上に、思いがけず急激な円高が重なって今回は2個購入。買うなら今しかない…「今買うスイッチ」入ってます(笑)。早速そのうちの一つ、三日月型の小さな髪留めを着けてみました。背中の真ん中ぐらいまで髪が伸びてきて、ヘアアクセサリーも色々楽しい。

IMG_1889.JPG

2016/06/24 Muesli grillé aux pommes et á la cannelle
ドイツで買ってきたミューズリー。Seitenbacherというメーカーのシリアル類が気に入って色々試しているんですが、この香ばしくグリルされたミューズリーは特に美味しい。シリアルやミューズリーって最近随分種類が豊富になったなと思うけど「キャラメルショコラノワゼット?これデザート?」みたいな毎朝食べたら確実に太りそうなものと、「いくらなんでもそこまでカロリーオフしなくても…これ鳥のエサ?」みたいな超健康志向なものと両極端で、なかなかコレというものが見つからない。今回のグリルミューズリーは、ドライのリンゴが濃厚な味でサクサクと歯ごたえもいい。全体的に甘さも最低限で、ほんのりシナモンの香りというのも好み。今度行ったらまとめ買いして来なくては~!

IMG_2446.JPG

2016/06/25
結婚記念日週間ということで、半年ぶりの「L'Auberge du 15」。前菜の一つ、仔牛のタルタル。振り返ってみると約5年前から何度もこのタルタルを食べている(正確に言うと13回目…数えてみた笑)。守江シェフの定番の一品です。でも来るたびに進化していて、同じ印象だったことは一度もない。シェフの作るお料理を食べているといつも「新鮮」という言葉が頭に浮かぶのだけど、それは単に食材自体が新鮮なだけでなく、味や香りの組み合わせも新鮮で飽きないということ。いつも活き活きとした料理があるって本当にすごい…。そうそう私ずっとこういう料理が食べたかったんだ~~と改めて思いました。こんなライブ感はちょっと他では味わえないな。いよいよ独立ということで、このお店に来るのも今回で最後。少し寂しいですが、シェフの新しいお店が今からとても楽しみです!また追っかけます。

IMG_2463.JPG

2016/06/25 メインの一つ、カレイ。なにこれ!というくらい光輝いている、、、写真で見てもすごい存在感ですね。肉厚でしっとり、本当に美味しかったです。周りのソースやお野菜も何もかも美味しい。キノア、空豆、ジロール、怖いくらいにピタッと合った組み合わせでした。

IMG_2469.JPG

2016/05/23 そしてデザート。このデザートは今までで一番美味しいものでした(毎回そう思うんだけど、、、)。生のフルーツ、火を通したもの、ドライのもの、ゼリー、ソルベ、クリーム・・・好きなもの全部入ってる!そしてこれを混ぜて食べるともっと美味しい。いや~すごいもの食べました。これはずっと忘れないと思います。新しいお店は年末か年明け頃の予定だそうです。ああ、今年の秋はどこでジビエを食べたらいいのか、、、路頭に迷うわ。我が家の目下の悩みです。

IMG_2514.JPG

2016/06/28 Mon petit déjeuner
最近のお気に入り、マークス&スペンサーのスコーンとクロテッドクリーム。朝からクリームたっぷりで元気いっぱいです。

IMG_2570.JPG

2016/06/29 Attention affichage
このマークが出たら、駅のホームのポスター張り替え作業中。7つ道具(脚立、液体のり、ブラシ、バケツ…7つもないか)を持った職人がさっそうと現れて、天井まである大きな枠に数分割された紙を手際良く貼り合わせ、1枚のポスターに仕上げます。わずか数分の作業をたった一人で、脚立の上でキビキビと進める技術は、職人技というよりもはや曲芸の域。あっという間に完成。職人に無駄な動きなし、笑顔なし、話しかけるなオーラあり(笑)。愛想はないが仕事はプロ、シワ一つない仕上がりとピタっと合ったつなぎ目がお見事。最後に近づいて写真を撮ろうとしたら「邪魔!」と怒られた…。ひぃ〜さすが職人、チャラチャラしたことはお嫌いのようで。スミマセン…。ポスターの張り替えサイクルは早いので、しょっちゅう各駅でこのキビキビ作業を見かけます。これぞパリ名物、のひとつ。

IMG_2595.JPG

2016/06/30 confiture de abricots
10日に1回くらいのペースで作っている、ヨーグルト用のジャム。市販のジャムは私には甘過ぎるので、なるべく砂糖は控えめに酸味を効かせたものを季節のフルーツで楽しんでいます。春夏は次から次へと旬のフルーツが出てくるので、ちょっとずつ作って色々味わえる。生で食べても美味しいものばかりだけど、ジャムはジャムでまた違った美味しさがあるんですよね。大好きな「レーヌクロード」と「ミラベル」がもうすぐ出てくるはず。この2種類だけは別格で、キロ単位でたくさん作ります。待ち遠しい…。今回はアプリコットで。この鮮やかなオレンジが嬉しい!

160803-02.jpg 140321-10.jpeg 160803-03.jpg