140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-07.jpeg141118-10.jpeg141118-08.jpeg141118-09.jpeg

151213-01.jpeg 150608-01.jpeg

151213-02.JPG

2015/12/02 ビーツと玉ねぎのポタージュ。ポップな感じで。

151214-01.jpeg

2015/12/03 ドイツで買ってきたおやつ、大好きなHARIBO。普通のハリボーより果汁増量、25%☺︎♡と思って喜んで食べてみたものの…味は普通のハリボーの方が好きでした。しかもドイツ語で大きく「SAFT」と書いてある。まさかそれが「ソフト」という意味以外の何物でもないだろうと思って食べたら、普通に固い。「SAFT」はドイツ語で「果汁」という意味なんですね、、、。ちょっとハリボー不完全燃焼。

151215-02.JPG

2015/12/04 今日は物産展へ買い出し。お肉とチーズと野菜を買ってきました。600gの塊肉は2日かけてオッソブッコにします。大好きな骨髄、1個オマケしてもらいました。

151218-01.jpg

2015/12/06 物産展で買ってきた紫じゃがいも・にんにく・ゲランドの塩を使ってハッセルバックポテト。先日、素敵なお写真を見て早速作ってみました。良い塩とにんにくとオリーブオイルがあれば、最高に美味しい。

151219-02.jpeg

2015/12/10 我が家のお宝、ボンマルシェ創業160周年記念(2012年)で発売されたスノードーム。高さは22cm、重さは2kg以上もある。300ユーロ近くするような高価なものだったため大量に売れ残り、翌年のソルドで30%オフに。それでもやっぱり売れずさらに20%オフとなり、翌年にはとうとうヤケを起こしたのかなんと15ユーロで並んでいた。そして今年の夏のソルドのこと。最終的に残り2台となった(まだあったんか!)このスノードームに付けられた値段はたったの2ユーロ(笑)。発売当初から虎視眈々とねらっていた私は3年越しで手に入れたのでした。めでたしめでたし。中には不良品もあって売り場が水浸しになるわ、重くてかさばるわ、全然売れないわでボンマルシェは相当誤算だったに違いない。

151220-01.JPG

2015/12/11 愛用の水彩画用紙(30.5×45.5cm)。1冊20枚で32.90ユーロ、1枚約215円。色々使ってみて今はこれに落ち着いた。本当はこの倍くらいのお値段の紙(ARCHES)が最高なのだけど、普段使いにはちょっと手が出ない…。パリではほとんど見かけないけれど、水彩紙はイギリスやイタリアも充実しているらしいのでいつか使ってみたい。

151221-02.JPG

2015/12/12 ブックオフに読まなくなった本を持って行き、そのお金でマカロンゲット。年末年始限定のマロングラッセとシトロンキャビアの2種類を選びました。日にちは未定とのことですが、ブックオフ・オペラ店はもうすぐ閉店になるらしい。すごく便利だったのになぁ。

151222-02.JPG

2015/12/12 朝8時から始まった我が家の水道工事。水道のプロがやって来て、新しい水道管を通すための穴を部屋の内側から廊下に向かってドリルで開けました。失敗は許されない…はずなのに失敗した(笑)。予定よりちょっと下過ぎちゃったとのことでもう一度トライ。2回目で成功。でも特に計測もせず勘だけでドリルを扱って、数センチ間隔で設置されている隣家の水道管や電線によくぶつからなかったなぁと感心。プロはさすがです。失敗した穴は後で石膏で埋めてくれました。人の家に何個穴を開けても、後で埋めさえすればオッケーの前向きな精神もさすが…。

151223-01.jpeg

2015/12/16 「L'Auberge du 15」その1、前菜の一つで鰹。
今年の締めくくりに行ってきました。ここへ行くたびに思うのは、守江シェフのお料理がさらに進化していて今までで一番美味しい。毎回そう思って満足する。そしたら次回はもっと進化している…の繰り返し。夫といつも話すのだけど「こうなるともう他のお店に行こうとは思えないね」。この進化の行き着く先を見たいから。年4回のペースで行っているレストランで、我が家にしてはちょっとした贅沢。「贅沢」…と言うと何となく後ろめたさがつきもので頻繁にするものではないけれど、「心から満足する贅沢」なら今の自分に相応するものなんじゃないかな。こういう贅沢は悪くない。
次回は4月の予定です。

151224-02.jpeg

2015/12/16 「L'Auberge du 15」その2。メインのジビエ、リエーヴル(野うさぎ)。やっぱりリエーヴルはジビエの女王です。パイ包みになって、トリュフも入って、こんな美味しいものがあったのかー!と心の中で叫びながら食べました。最高!

151225-02.jpeg

2015/12/16 「L'Auberge du 15」その3。デザート、栗のムース。メレンゲも少し入っていたので、球体モンブランという感じ。美しいまん丸な形を見ただけで、私は笑いが止まりませんでした。

151226-03.JPG

2015/12/18 今日のフルーツ、kaki。包み紙の可愛さに思わず買ってしまったけれど、甘くて当たり!

151228-01.jpeg

2015/12/19 長ねぎをくたくたに茹でて、たっぷりのオリーブオイルとビネガーでマリネしました。フランスの定番家庭料理、ポワローヴィネグレット。昨日大量に作ったはずなのにもうほとんど無くなってしまった。大好きなメニューです。このソースに半熟たまごがとても良く合う。

151229-05.JPG

2015/12/20 住んでいるアパートの1階には小さなレストランが入っている。このお店は以前から換気が悪く、調理中の独特な匂いが中庭に流れてくることで一部の住民から苦情が出ていました(私は秘かに良い匂いだな〜なんて思っていたんですが…笑)。結局レストランは換気のためのダクトを付けることになり、この度ようやくその工事が終わりました。終わってみてビックリ…ちょっとこれ大きすぎやしませんか!何かあったらここから脱出出来そう。

151230-02.JPG

2015/12/22 南国フルーツの季節到来!一番好きなのはライチ。特に枝付きが美味しい。冷凍でない生のライチ、旬の今だけ楽しめます。

151231-01.JPG

2015/12/23 今日郵便局に行ったら、R2-D2がコリッシモに…!(コリッシモ=ゆうパック的なもの)かわいい〜。日本まで送ってみたいけど、残念ながらフランス国内用。

160101-02.JPG

2015/12/24 Joyeux Noël✴︎クリスマスなので、奮発してフォアグラ。

160102-01.JPG

2015/12/24 クリスマス的なものに急いで集合してもらいました。こういう季節物、事前に飾るのを忘れてしまうタイプ…。当日に出して翌日にしまうというはめに(笑)。究極の面倒くさがりです。目に見えているので、雛人形とか干支の置物とか極力持たないようにしています。…でもケーキを買うのは忘れない!

160103-01.JPG

2015/12/25 扉収集、パリ2区。Peinture fraîche(ペンキ塗りたて)。

160104-01.JPG

2015/12/26 特に欲しいものはないし、年明けにソルドも控えているので今年のクリスマスプレゼントはなしで!と言っていた我が家。そう言いながらちゃんと買ってきてくれる夫。本当に何も用意しなかった私…ほほほ(笑)。宝石みたいなパトリック・ロジェのチョコレート。これまで食べたチョコレートの中で、3本の指に入る美味しさでした。

160113-01.jpeg

2015/12/27 我が家の年末は大掃除ならぬ大模様替え。椅子やソファなど使ってなかった家具をたくさん捨てて、スッキリ。仕上げに棚を取り付けました。並べたブロカントのテーマは「子供部屋」のイメージ。

160114-01.JPG

2015/12/27 忘年会。今年もデザート調達係なのでGILLES MARCHALのケーキを人数分用意しました。2014年にオープンしたばかりのまだ新しいお店だけど、すっかりファンになってしまった。こんなに美味しい正統派ケーキのお店は久々。セバスチャン・ゴダール以来かもしれない。争奪戦…一番人気はモンブランでした。

160115-03.JPG

2015/12/28 控え目な電飾が良い感じ。流れ星イルミネーション。

160116-01.JPG

2015/12/30 大模様替え、デスクの上にも棚4段。あらゆる壁に棚付けまくりだ(笑)。これまで箱の中にしまっていたブロカントもたくさん飾ることが出来ました。落ちてこないかちょっと心配…でも地震のない国だからこそ、の配置。

160117-01.JPG

2015/12/31 大晦日。パリはまだ2015年。これからお蕎麦作ります。今年は年明け早々テロがあり、そして11月にも再びテロ。フランスにとっては「テロ」と日常が隣り合わせの1年でした。個人的にもパリと日本を行ったり来たりで、私も私を取り巻く状況も大きな変化の時なのかなと感じています。35歳も残り3ヶ月!来年は年女です。

160414-32.jpeg 140321-10.jpeg 160414-33.jpeg