140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-07.jpeg141118-10.jpeg141118-08.jpeg141118-09.jpeg

151119-03.jpeg 150608-01.jpeg

151119-02.JPG

2015/11/02 つやつやとした、まるで置物みたいな柿。熟し待ち、早1週間。そろそろかな?果物は食べ頃の見極めが難しい…。

151121-03.jpeg

2015/11/03 今日が11月4日だと思って、早起きしてバタバタ準備していたら…はっ!今日は3日だ!そんなわけで、いつもより余裕のある午前中となりました。1時間得した気分(笑)。
クレソンのポタージュ、お花のクルトン。ちょっと納得いかない味だったのでまた今度リベンジ。

151122-02.JPG

2015/11/06 夫がピエールエルメで買ってきてくれた。丸いブリオッシュに柔らかいクッキー生地が付いた新しいパン。これはまさにメロンパンじゃないか!と思ったら、どうやらたっぷりクリームが入っているみたい。ただのメロンパンじゃなかったのね。早く食べたいけど、これは明日の朝食用。朝5時起きで、しばし遠出です。

151123-01.jpeg

2015/11/07 秋のドイツへ、2泊3日。パリからケルンまで列車で3時間15分。さらにローカル線に乗り換えてBrühl(ブリュール)という町へ。11月の旅行なんてすっかり寒いかと思っていたけど、行ってみたら気温は20度近くまで上がりました。思いがけず秋らしい季節で、外歩きを存分に楽しむことが出来て良かったです(旅行記は後日TRAVELページにまとめます)。

151124-02.jpeg

2015/11/14 パリで再び大きな事件が起きてしまいました。うまく言葉に出来ませんが、ただただ普通の平和を願うばかりです。私は無事でいます。

151124-01.jpeg

2015/11/16 いつもの日常を。野菜と豆のスープを、翌日カレーに変身させてみた。材料は玉ねぎ、人参、セロリ、パプリカ、かぼちゃ、ズッキーニ、ほうれん草、なす、じゃがいも、そしてレンズ豆…計10種類の具材と茅乃舎の野菜だし、カレールー、カレー粉、醤油、砂糖のみ。お肉は入っていないのにコクのある深い味になってびっくり。さらに最後に少し残ったカレーを出汁で割って、カレーうどんになりました。ようやく辿り着いた…そうそう、カレーうどんが食べたかったの!

151125-03.jpeg

2015/11/17 ドイツで買ってきたハニーマスタードがあまりに美味しくて、夫と競うようにして食べている。ドルトムント近郊にあるシュヴェーアテという小さな村で作られているもの。これまで試したドイツのマスタードは当然のようにソーセージと相性の良いものが多く、あまりに相性が良すぎるせいか、鶏肉に付けたりポテトサラダに混ぜると「なんか違和感…」と思ってしまいました。今回初めて買ってみたこのハニーマスタードは、サラダにもサンドイッチにも鶏肉でも豚肉でも何でも合う!ピリッと辛いフランスのマスタードと違って、たっぷり付けても大丈夫。もちろんソーセージにも最高。次回はもう少し大きいサイズを買って来ようと思います。

151126-02.jpeg

2015/11/18 今日のおやつ。

151127-02.jpeg

2015/11/19 やっと新鮮なカブが手に入ったので、ポタージュに。味付けは塩だけ。美味しい塩があるととても便利。昨日は2週間ぶりにフランス語の個人レッスン。先生はたくましいフランス人女性、お互いに元気にしていてほっとする。1時間みっちりフランス語。何があろうと元気なのだから、前進するのみ。

151129-02.jpeg

2015/11/21 先週に比べて10度ほど気温が下がり、今日から一気に真冬になったパリ。朝からヴァンヴの蚤の市へ。どれぐらい人が集まっているのかな?と思いながら行ってみました。思った以上に人が出ていて、結構混雑しています(いつもたくさん見かける日本人を含めたアジア人の姿はかなり少なかったですが)。普段とほとんど変わらず商品も豊富で活気があります。

151130-01.JPG

2015/11/22 今日の朝ごはん。ずっと作りたいと思っていたバナナときな粉のトースト。新しい包丁の切れ味が嬉しくて、調子に乗って切っていたら…結果的にこうなりました(笑)最後にたっぷり蜂蜜をかけて、いただきます。

151202-02.JPG

2015/11/23 新しい包丁はドイツで買ってきたもの。随分前からRobert Herderの包丁が欲しいと思っていたので(私の頭の中にはいつか欲しいものリストという長い長いリストがあるのです)、ようやく出会えた。でもあまりに長く思い続けたために、どんなきっかけでこの包丁を知ったのかどうしても思い出せない…。
ペティより一回り大きく、三徳より二回り小さい、今まで使ったことのないサイズ。たいがいの野菜・果物はこれ1本で済みます。
ドイツ語で「Apfel(りんご)」という名前が付けられているのですが、まさにりんごを切るのにジャストサイズ。そして切ったりんごを一晩置いても変色しないことにびっくり。切り口もツルツルでいつものりんごがグンと美味しい。今まで使っていた包丁がまるでノコギリに思えた瞬間…。丁寧に、長く使っていきたいです。

151203-01.JPG

2015/11/24 ドイツにて扉収集。こんな郵便受けほしい。

151204-02.jpeg

2015/11/25 ラファイエットもトリコロール。11月初旬から始まっていた年末恒例のイルミネーション。テロの後まもなく、エッフェル塔もコンコルドの観覧車もトリコロールのイルミネーションになりました。テロ前は付いてるのか付いてないのかわからないようなやる気のない電飾だったのに、こういうことをバーッと一気にやっちゃうフランス人。いつの間にそんな早業を…。やる時はやる。そしてやる時は粋にやる。

151207-01.JPG

2015/11/26 日本の新刊を発売日に買えるということが、フランスに住んでいる今とても大きな喜びです。紙の良さも電子の良さも知っている、良い時代に生きていると思う。『遠い太鼓』を読んでから、私はずっと旅に出ている気がします。今でもまだ太鼓の音が聞こえます。久々の旅行記は読み終えるのがもったいない。

151208-04.JPG

2015/11/27 日に日に寒くなっていく。今日は人参とpanais(パネ)のポタージュ。パネは人参のような形をした白い根菜。香りが強くて、甘みもある。材料はバターと塩と水、最後に少し牛乳でのばしました。トロみはほとんど無く、野菜ジュースのようにサラッとした食感が好み。

151209-01.JPG

2015/11/28 大好きなタルト・オ・シトロン。思いっきり酸っぱくて、思いっきり甘いのが好き。

151211-01.JPG

2015/11/28 1年9ヶ月ぶりにオープンした「A l'Etoile d'or」へ行ってきました。デニスおばさん、とってもお元気。ガス爆発の事故でお店が大きく破損してしまい、もうこのまま無くなっちゃうのかな…と思っていたけど、見事に復活!不死鳥のようなマダム・デニスは変わらずエネルギッシュ。フランス中のお菓子を集めた素敵なお店も元通りに。美味しいヌガーを買って帰りました。

151212-01.jpeg

2015/11/30 今日は朝から郊外で用事があったのだけど、RERが北駅でストップ。ホームも閉鎖になって乗客全員が締め出され、いつ再開するか分からないとのこと。あらら。パリ市内は厳戒態勢と言われることが日常になっているけれど、COP21の影響でますますそれが強化され、もはや厳戒態勢なのかただ混乱しているだけなのかよく分からない状況(なんでまたこんなすごいタイミングに各国首脳集まるかね…)。朝から北駅のひどい混雑と格闘したので、ちょっとカフェで休憩。予定はまた明日に仕切り直し。

160414-30.jpg 140321-10.jpeg 160414-31.jpeg