140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140411-16.jpeg

140403-37.jpeg
フランス南東部の街、リヨンへ行ってきました♪前日に買っておいたプーシキンのパンを車内での朝ご飯に。パリ・リヨン駅にはスタバがある!(嬉)

140403-38.jpeg
リヨンに着いて早々、まずはリヨンにしかお店を持たないチョコレート屋さん「ベルナシヨン」でお茶。リヨンへ来た目的は「ベルナシヨンでお茶」と「2つ星レストランでランチ」と「シュヴァルの理想宮」の3つ。その他の観光は一切なし。美術館も見ない、丘にも登らない、絹織物も買わない。なので旅行中すべての空き時間は「ベルナシヨンでお茶」となります。

140403-39.jpeg
時間になったので歩いてレストラン「Mere Brazier」へ。人生2度目の2つ星!(1度目は南仏だった、パリではまだない)。店内は高級とカジュアル、伝統とモダンの絶妙な混ざり具合。各テーブルに置かれたフィリップスタルクデザインのバカラのキャンドル立てがその象徴…。

140403-40.jpeg
お料理は言うまでもなく、素晴らしい!おいしい!とにかくたくさん写真はあるけれど、1枚厳選。これはフォアグラソテー。フレッシュなフォアグラがサッと表面だけ焼いてあります。まわりの付け合わせも衝撃的。

140403-41.jpeg
デザートも色々ありましたがこちらも1枚厳選。これは本当に美しくおいしかった。相当お腹いっぱいで苦しかったけれど「これは絶対に食べなきゃいけない、こんなにおいしいデザートにはそうそう出会えない」と思わせる使命感あふれる一品でした。リヨンまで来たかいがあったなぁ。

140403-42.jpeg
2日目の早朝。数年越しの夢であった「シュヴァルの理想宮」へ行く日が来た!世界ふしぎ発見で見て以来、ずっと行きたくてもなかなかタイミングが合わず行けなかったところ。写真はまだ真っ暗な朝7時の「Saint Vallier sur Rhone」駅。ここからバスに乗り換えます。

140403-43.jpeg
10分ほど遅れてバスが来た!もう来ないんじゃないかと不安になってました。

140403-44.jpeg
シュヴァルの村、オートリーヴに到着。これはシュヴァルのお墓です。

140403-45.jpeg
郵便局脇にあったシュバルの銅像。ちょっとコミカルな顔してます。

140403-46.jpeg
そしてようやく理想宮に到着~!前日からリヨンに泊り、朝5時起きで頑張って来たかいがあった、素晴らしい建物。こだわってこだわってこだわり抜いた塊という感じ。事前情報でさんざん「思ってたより小さい」「思ってたより小さい」と聞いていたので、「思ってたより小さい、と思ってたよりは大きい」という何とも微妙な大きさでした(笑)。

140403-47.jpeg
細部まで統一感あります。

140411-17.jpeg
ちゃんと「見晴らし台」というのがあって、理想宮の全体を見渡すことができます。意外と観光客が多く、みなさん車やツアーで来ているようです。

「TRAVEL」のページにこのシュヴァルの理想宮への行き方を詳しく旅行記として書きました。良かったらそちらもどうぞ。

140620-01.jpeg

140411-18.jpeg
昼過ぎにリヨンに戻って、ベルナシヨンでお茶。これも念願のスペシャリテ「プレジダン」。この後、パリのサロンドショコラでこのケーキの作り方の映像を見たけれど、上のヒラヒラを作る機械がすごいんです。繊細で丁寧な手仕事。とってもおいしかった!!

140411-19.jpeg
ケーキのお伴にショコラショー。これはバニラビーンズがたっぷり入っていて、独特な味がしました。冷めてもおいしく、今度来る機会があったらこの冷たいバージョン(ショコラフロワ)を飲んでみたい。

140411-20.jpeg
最後に列車に乗る前にポールボキューズ市場で夕飯。せっかくリヨンに来たのだからリヨン名物代表を食べとかないとね!というわけで「CELLERIER」にてクネルを頂きました。確かに、普段スーパーで買う安いクネルとは全然違う。ふわふわだけど濃厚でとってもおいしい。巨大なクネルだったけど飽きずに最後までおいしかったです。

140411-21.jpeg
お土産に市場内のメール・リシャールというチーズ屋さんで季節のモン・ド-ルを。これが大当たり!こんなにおいしいモン・ドールはそうそうないです。

140411-22.jpeg
もちろんベルナシヨンでもお土産色々。ベルナシヨンでは粒チョコよりも板チョコの方が食べる価値があるかもしれない。たくさん種類があって、どれも凝ってます。

140411-23.jpeg
こちらは粒チョコ。一つ一つ自分で選んで箱につめてもらいました。一番好きなパレドール多めで。全体的にお酒を使ったものが多いかも。紙に包まれている2種類(タマゴ型の黄緑色のものと、Avelineと書かれたもの)が特においしかった!

140413-01.jpeg 140321-10.jpeg 140413-02.jpeg