140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140327-34.jpeg

140327-16.jpeg
近所の魚屋さんが別の店に変わり、さらに良い魚屋さんになった!営業時間も長くなり、何より新鮮な魚介類が常に山盛りなのが嬉しい。今回初めて試してみたのは「Eperlan」、日本名で「キュウリウオ」という白魚のように小さい魚。食べてみてびっくりだったのは、ししゃもと同じ味だったこと!卵を持っているものもあり、ししゃもと変わらない。衣をつけて揚げたり、グリルで焼いてもおいしい。

140327-17.jpeg
夏の日差しがやってきた!ボンマルシェ横の公園は小さいけれど日焼けの人々でいっぱい。

140327-18.jpeg
久々にオテル・アムール。フランスではステーキのおいしさに改めて気づくことが多い。お肉が固い!それがまた良い!

140327-19.jpeg
オテル・アムールと言えばやっぱりハンバーガーも。相変わらずとってもおいしい。

140327-20.jpeg
オテル・アムールの帰りにセバスチャン・ゴダールでケーキ購入。木の実のピスタチオは好きだけど、それとはかけ離れた「ピスタチオ味」は苦手だった。でもフランスにはこのピスタチオ味の多いこと!ピスタチオ味のマジパンやら、ピスタチオ味のヨーグルトやら。何年も暮らしているとこの独特の風味に慣れてきたのか、最近「ピスタチオ味」がクセになってきた(笑)。セバスチャンのフレジエは苺×ピスタチオのケーキ。これまでで一番おいしいピスタチオ味です!

140327-21.jpeg
パリに何箇所があるジャンヌ・ダルク像の一つ。

140327-22.jpeg
花の名前をほとんど知らないで生きてきた。これがあのスイートピーなのか!

140327-23.jpeg
例のお気に入りの魚屋さんにて「あん肝」購入。こういう変わった食材も取り扱っているのが素晴らしい。フランス人の大好きなアンコウ。消費量は多いはずなのに「あん肝」はどこへ行ってるの…?と長年謎だった。こんなふうに売ってくれる魚屋さんもあるんだ。

140327-24.jpeg
日本酒をふりかけて蒸してみた、あん肝。ポン酢をかけて食べたら絶品!!フォアグラにもひけをとらない食感です。

140327-25.jpeg
ジャム作り続いています。旬のフルーツを順番に…今回はチェリー。

140327-26.jpeg
上原ひろみさんのコンサートへ行ってきました。オデオン駅前の由緒ある建物の中が会場でした。外観は古いけれど、中は改装されたばかりなので超近代的。旦那さまの作った衣装がとても素敵でした。

140327-27.jpeg
コンサートの帰りに見たセーヌ河の夕焼け。10時半頃だったけれどまだほんのり明るい。何度見てもやっぱりパリはすごいと思わずにはいられない。

140327-28.jpeg
遅い時間なのに、まだ営業しているお店があった!さすが観光地、サンルイ島。ベルティヨンのアイスで今年のアイス初めです。

140327-29.jpeg
3回目の結婚記念日。リシュリュー通りの素敵なお花屋さんで作ってもらったブーケ。

140327-30.jpeg
メゾンドショコラのトリュフ!最高。

140327-31.jpeg
久々に「LA TABLE D’AKIHIRO」へ。前回は「「LA TABLE D’AKI」という店名だったけれど、いつのまにか変わってました。前の方がゴロがよくて、覚えやすかった気がするけど…。

140327-32.jpeg
フレジエ第2弾。予約でしか買えないサダハル・アオキのフレジエ。パリでケーキを食べていて、時々直面する「雪見だいふくの味」…これって一体何なんだろう??全てにおいてセバスチャンの方が上でした。

140327-33.jpeg
滅多に行かないローズベーカリーへ。じわじわとパリではやりつつあるエッグ・ベネディクト。素晴らしくおいしかったけれど、やっぱり高いなぁ。でもデザートで食べたキャロットケーキは高くても価値があると思います!

140331-12.jpeg 140321-10.jpeg 140331-13.jpeg