140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140318-13.jpeg

140318-14.jpeg
今年もやって来たサロンドショコラ。念願のサダハルアオキ「東京焼き」を食べました。中のチョコマカロンがとろーり溶けて、おいしい!抹茶の味がほとんどしないのが残念。

140318-15.jpeg
友達来仏。カフェで待ち合わせ、朝ご飯代わりにストレーのケーキ♪おいしすぎる!

140318-16.jpeg
久々にビストロ・ポールベールでランチ。どれもおいしくて大満足。盛り付けが美しくなって、ちょっと進化した?!

140318-17.jpeg
またまたやってきました、ロワイヤルモンソー。やっぱりここまで来るとどうしても気になるのが朝食ビュッフェ。おなじみのコーヒーカップ、そしておいしいグレープフルーツジュースも付いてます。

140318-18.jpeg
ずらーっと並んだおいしい朝食の数々。パン、パウンドケーキ、ジャム、ヨーグルトはピエールエルメ製。とにかくひたすら食べ続けました!

140318-19.jpeg
2013年の夏で閉店するという話を聞いて、久々「カサ・オランプ」でディナー。相変わらず量が多くておいしい。デザートのフォンダンショコラも絶品です。

140318-20.jpeg
3週間の日本帰国!パリで食べられないもの食い倒れの旅でした。大好きなクリスピークリームーナッツも箱買い。気持ち悪くなるくらい(笑)食べました。

140318-21.jpeg
父の墓参りで京都・嵐山へ。ちょうど紅葉ピークの時期でした。

140318-22.jpeg
やっぱり日本の喫茶店のコーヒーはおいしいなぁ。イノダのコーヒーは、注文の時に砂糖とミルクを入れるかどうか聞かれるけど、これは絶対両方入れるのが正解だと思う。パリまで豆も買って帰りました。

140318-23.jpeg
宝泉のお庭も見事な紅葉。

140318-24.jpeg
栗きんとん!この時期ならではのメニュー。わらびもちも捨てがたかったけどね…。

140318-25.jpeg
京都と言えばスマートコーヒーも外せない。フレンチトーストも大好きだけど、今回初めて食べたサンドイッチの美味しいことと言ったらもう!(笑)これきっと村上春樹の小説に出てくるサンドイッチと同じぐらいおいしいと思う。厨房には「良い包丁」があるに違いない。シンプルなハムとたまごのサンドイッチ、今でもはっきり思い出せるくらいおいしかった。食器はすべてNoritake製。飾ってあるカレンダーもNoritakeだった。

140318-26.jpeg
香川県にも行きました。もちろん讃岐うどん巡り(しかし食べてばかりだな)。5軒まわって一番おいしかったのがこの「がもううどん」。こんなうどんは香川以外では作れない!と思えるフレッシュな味。“この土地でしか味わえないガツンとした食べ物”って素晴らしい。

140318-27.jpeg
瀬戸大橋も見学。この横にあった謎のタワーがシュール過ぎ。「まさか展望台がクルクル回りながら上がったり下がったりしたりして(笑)」なんて言ってたら本当にそうだった。どうして日本人はそんなに回る展望台が好きなのか!

140318-28.jpeg
富山へ1泊旅行。冬の日本海、海の幸を求めて…。新湊の市場でその場でおろしてもらった魚と貝。新鮮そのものですごくおいしい。でも周りには一心不乱に蟹を食べる人多数。そうか、新湊では蟹を食べるのが正解なのね。

140318-29.jpeg
富山駅近くの「扇一」で鱒寿司購入、家族の分もまとめて買って東京へ郵送。ここの鱒寿司最高です。

140318-30.jpeg
富山から東京へ戻る新幹線、途中下車して新潟でおいしいお米も頂きました。越後湯沢駅前の「ゆた」というお店にて、南魚沼産のこしひかりを使った炊きたてご飯のおにぎり。なんなんだこれはーーー!!!という衝撃のおいしさ。うどんしかり、お米しかり、土地の食べ物って勢いが違う。

140318-31.jpeg
東京の喫茶店でもコーヒー飲みました。日本のコーヒーは濃いミルク(生クリーム)に合うという特徴がありますね。エスプレッソやアメリカンともまた違う独特のおいしさだと思います。

140324-29.jpeg 140321-10.jpeg 140324-30.jpeg