140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140314-14.jpeg

140314-15.jpeg
先月の生アーモンドに続いて、生ヘーゼルナッツの季節。これも中の白い部分を食べるのだけど、アーモンドとほとんど同じ味でした。ヘーゼルナッツはドライの方がおいしいかな。

140314-16.jpeg
パリ郊外にある大型スーパー「オーシャン」にて、パリ市内ではなかなか見ない「SWISS DELICE」のアイスがあった!わ、おいしそうと飛びついて500mlの大きなパックを購入。我が家には冷凍庫がないので、買ってすぐ食べました。二人で500mlはちょっと多いかとおもったけれど、かなり空気を含んだ軽いアイスでちょっと拍子抜け…。やっぱりヨーグルトの方がおいしいなぁ。

140314-17.jpeg
ベイクドチーズケーキを作った。ここはフランスとは言えど、さすがアメリカの世界ブランド「クラフト」の威力はすごい。スーパーで買えるクリームチーズの中ではクラフトが一番おいしい気がする。

140314-19.jpeg
どうしても今!クレープが食べたい!という衝動にかられ、数年ぶりにクレープを買いました。定番のヌテラでこってりと…。久しぶりに食べたクレープはとんでもなくおいしかった~。

140314-20.jpeg
マレにある「BREAKFAST IN AMERICA」でおいしい本格的ハンバーガーを。ポテトもおいしい。次は朝食にパンケーキを食べにいきたいな。パリでは珍しくスタンプカードがあって、11個ためたら1回無料になるそうです。

140314-21.jpeg
ラファイエットグルメのイタリアコーナーで見つけた「turron」という不思議なお菓子。パッケージからして「これはおいしいに違いない!」と思って買ってみた。しかし一体これは何…?!原材料はほぼアーモンドと蜂蜜。開けてみるとねっとりとして、蜜(?)につかっているのでベタベタ。でもアーモンドの香りがすごく良くてとてもおいしい。フランスのヌガーみたいなもんか?ちょっと調べてみたら元々はスペインのお菓子らしい。ナッツ好きには特におすすめです。

140314-22.jpeg
シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトンのショーウィンドウが草間弥生一色に。リアルすぎる等身大の草間蝋人形もあって、かなり怖い&かわいい。水玉バッグもなかなかかわいい。

140314-23.jpeg
念願のホテル・ロワイヤルモンソーでの朝食。ピエール・エルメ提供ということで、失神しそうになるくらいおいしい。一押しはパンぺルデュ(フレンチトースト)。ジャムやメイプルシロップもおいしい。もう何もかもが素晴らしい。エルメではないけれど、グレープフルーツジュースも最高でした。最期の朝食はここだな!

140314-24.jpeg
年に一度はベルティヨンのアイス。ミラベルとショコラヌガー。どっちも濃厚でおいしかった。ベルティヨン、バニラを食べてがっかりしたことのある人はフルーツ系やナッツ系を試してみるといいかも。

140314-25.jpeg
プーシキンのしょっぱい系、初めて食べてみました。品のいいキノコ入りのパイ。ケーキと同様かなりレベル高いです。小さいけどね…。

140314-26.jpeg
久々にオペラ座の写真、ピラミッド駅前から。夏の空、パリの街が一番映える季節。

140314-27.jpeg
そしてレーヌ・クラウドの季節。でも今年はいまいちの出来だったのかな?去年の方がおいしかった気がする。

140314-28.jpeg
これも年に一度食べたくなる?アンジェリーナのモンブラン!これを一個一人占めするという幸せ…。この「ちょっと大きい」ぐらいがいいんです。日本のミニサイズなんて、きっとフランス人には理解できないでしょう。

140314-29.jpeg
初めて中華料理「MIRAMA」へ行ってみた。地球の歩き方に必ず載ってる有名店。割と高めだけど、味は絶品!この焼き鴨タンメン、すばらしい。スープはやさしい味で上品、いくらでも飲めそう。しっかり味の焼き鴨を引き立てています。そして何より麺が良い。おいしいラーメンの決め手は、スープでも具材でもなく麺だ!と思っている私はちょっと感動でした。パリの中華、あなどれないな~。

140324-23.jpeg 140321-10.jpeg 140324-24.jpeg