140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140313-39.jpeg

140313-22.jpeg
メロンが山積みの季節!フランスの一般的なメロンはどちらかというとさっぱりしていて、めちゃくちゃ甘いということはない。生ハムを巻いてもおいしそう!

140313-23.jpeg
Pascal Beillevaireの有塩バター。これ本当に最高です。C’est bon!のページでカンタンのバターを紹介したけれど、それを越えたかもしれない。濃厚なミルク風味、まろやかだけどはっきりとした塩の旨味。

140313-24.jpeg
セバスチャン・ゴダールのケーキをちゃくちゃくと制覇しつつあります。これかなりおいしい!中はこってりバタークリームです。びっくりするぐらい小さい!

140313-25.jpeg
芍薬を買ってきました。なんか葉っぱの量が多くてワイルド!

140313-26.jpeg
サクランボ2種類のおいしい季節。近所のお店のはとっても大粒でジューシー。

140313-27.jpeg
これが噂の(?)「マックス・ポワラーヌ」のりんごのタルトレット。マックス・ポワラーヌとは…あのポワラーヌの兄弟がやっているパン屋さん。このタルトレット、ポワラーヌとまったく変わらない味でびっくり。同じレシピなんだろうか?どんどん出世するポワラーヌと比べて、どことなくさびれた雰囲気のマックス。フランプリでパンドゥミも売っているけれど、あまりおいしそうに見えなくて買ったことはない。

140313-28.jpeg
初めて「オッソブッコ用」のお肉を買ってみた。イタリア料理で牛すね肉のトマト煮込みのようなもの。柔らかくなったお肉と、トロトロの骨髄が最高の味でした。付け合わせはポレンタ。

140313-29.jpeg
エルメの新作、バラとジャスミンのケーキ。おいしくないわけがない組み合わせ。とっても良かった!

140313-30.jpeg
こちらもエルメ。定番のミルフィーユ。さすがの定番。いつ食べても完璧です!

140313-31.jpeg
モノプリのショッピングバッグ。なんやかんやと集まってきた。

140313-32.jpeg
中庭のあじさいがきれい。ほったらかしにされているけど、毎年たくさん花をつけます。

140313-33.jpeg
結婚記念日のケーキは今年もメゾン・ド・ショコラ。レモン×チョコで爽やかな夏のケーキ。

140313-34.jpeg
結婚記念日の夕飯は贅沢にうなぎ!パリの野田岩でテイクアウトしてご飯は家で炊きました。超久しぶりのうなぎに大満足。

140313-35.jpeg
ずっと行きたかったレストラン「ラ・ターブル・ド・アキ」へ。魚専門のレストラン。最初から最後まで全部魚介類。多い方のコースにしたけどちょっと少なめだったかな。パリのレストランで食べ慣れてくると、これだけじゃあ足りない(笑)。でも素晴らしいお味だったので、絶対また行きたいレストラン。次はやっぱり冬だな!

140313-36.jpeg
またセバスチャンのケーキ。これはシブースト。表面のキャラメリゼが香ばしく、ちょっと独特な蝋みたいな(?)味でした。もちろんおいしい!

140313-37.jpeg
初めて食べたチーズ、トラップ・デシュルニャック。クルミの風味が濃厚なもちもちした食感。大好きなチーズを見つけました。

140313-38.jpeg
マレにあるビストロ「LE BAROMETRE」のモツ煮込み。白ワインが効いていて、とってもおいしい。もう何年も前に稲葉由紀子さんがこのお店のモツ料理を紹介されていてずっと食べてみたかったのです。他にも具だくさんサラダなどおいしそうなメニューが色々ありました。

140324-19.jpeg 140321-10.jpeg 140324-20.jpeg