140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-07.jpeg141118-10.jpeg141118-08.jpeg141118-09.jpeg

140225-42.jpg

140225-43.JPG
日本から帰ってきたら既に秋へと突入していたパリ。久々にパリらしいものを食べたい!ということでピエール・エルメへ行って新しいパンを2種類試してみました。一つは「パン・オ・レザン&カネル(レーズン&シナモンパン)」。

140225-45.JPG
もう一つは「クイニーアマン」。

140225-44.JPG
さらに「タルト・シトロン」も♪これには感動。エルメ・ベスト3に入ります。

140225-46.JPG
旦那さんの誕生日、ということで夕飯の買い出しへ行ってきました。向かったのは14区のお肉屋さん「Hugo Desnoyer」。

140225-49.JPG
買ったのはこのお肉、「リードヴォー」という仔牛の胸腺肉です。衣をつけて、シンプルに塩コショウして焼きました。初めて調理してみたけど(誕生日に初めての料理を出すチャレンジャーな私…)、美味でした!!

140225-48.JPG
食後はバースデーケーキ、今年はアンジェリーナのモンブランをホールで!ホールだとこんなんなんですね~こんな大きなモンブランを見ると、幸せな気分。

140225-47.JPG
お花は6区の「ODORANTES」で花束を作ってもらいました。なかなか雰囲気のあるお花屋さんでホームページも素敵です。

140225-50.JPG
秋の食材色々。黒い皮の小さめのいちじくが旬です。昔から大好き!たしか日本のいちじくって中は結構白い部分があったと思うのですが、パリで食べるものはほとんどが真っ赤です。よ~く熟しているものは種もたっぷりプチプチして、色も濃くてまるでジャムみたい。

140225-51.JPG
こちらも秋の食材、ジロール茸。

140225-52.JPG
お気に入りのカフェで読書。窓際の席を陣取って、30分ごとぐらいに読書→外を観察→読書→外を観察…のサイクル。サントノレを歩く人って見ているだけで面白い。今日の本は「海辺のカフカ」。

140225-53.JPG
イタリアンを食べに11区の「AMICI MIEI」へ。お店の名前が付いたピザがとてもおいしい。

140225-54.JPG
デザートはイチゴとバジルのパンナコッタ。

140225-55.JPG
おやつにカヌレを焼いてみました。ここまで焼き色をつけるのが時間かかりましたがなんとか完成。

140225-56.JPG
ルクルーゼ大活躍の日々。「フタをして調理」に強いこのお鍋。コンロでもオーブンでも食材入れてとにかくフタをして火にかけるだけで、いつもより数段おいしくなるから不思議。今までと同じ食材を使っているのにかなり違いを感じます。

140321-16.jpeg 140321-10.jpeg 140321-17.jpeg