140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140223-05.jpeg

111229-01.JPG

 ピーナッツバター好きは母親譲り。昔、家の近所に「フルフル」という名のパン屋があって(いい名前だったなぁ!)そこで透明のプラスチック容器に入ったピーナッツバターが売っていた。ホイップされたような軽さで色は白っぽく、砕いたナッツが入っていた。今考えると結構ジャンキーな味だったと思うが、母も私も大好きでしょっちゅう食パンにたっぷり塗って食べていた。高校生の時にフルフルは閉店してしまい、もう15年以上食べていない。オリジナルの商品というわけではなかったと思うので、同じようなものが今もどこかで売っているのかもしれない…。
 その思い出のピーナッツバターの行方も気になるところですが、ピーナッツバターと言えば元祖アメリカ。今年ハワイで購入したジャスティンズのピーナッツバターもおいしくてすっかりはまってしまいました!まずペーストが固くて濃厚。ホイップ系とは正反対。そして味も正反対…ジャンキーな味は一切しません。ナチュラルな材料にこだわっているようです。この写真は蜂蜜入りですが、甘さは控えめなのでほうれん草やインゲンでピーナッツ和えを作ってもおいしい。他にも蜂蜜なしタイプや、アーモンドやヘーゼルナッツバージョンもあるようでかなり気になります。日本ではカルディ、パリではボンマルシェで販売されているのを見ました。本国に比べると恐ろしく高いので、アメリカ土産にリクエストしたいところです。(2011年12月)