140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140526-11.jpeg

140526-01.jpeg
デュッセルドルフにて。シュタイフの犬(Snobby)。グレイの毛並みが美しい、おじいちゃん顔の犬。手足と首が動く、とてもリアルなぬいぐるみです。

140526-02.jpeg
デュッセルドルフにて。ペリカンのお絵描き帳。シュタイフを買ったらおまけにもらいました(値切ってくれなかったのでこれをタダで付けて、とお願いした。値切り方にも色々ある)。

140526-03.jpeg
デュッセルドルフにて。バドンビレーのお皿。ドイツでフランスのお皿を買って帰るのは何とも複雑な気分だけど、でもやっぱりバドンビレーは良い。一番好きな陶器メーカーかも。

140526-04.jpeg
デュッセルドルフにて。これも同じ人から買ったフランスのお皿(Choisy le Roi)。春に使いたいタンポポ柄。この柄で一枚平皿を持っていたけど、この深皿は一番使いやすい形。

140526-05.jpeg
デュッセルドルフにて。シュタイフのプードル(Cosy Snobby)。この気品あふれる顔!シュタイフはあまりに気品あふれすぎると好みではないので、この子はギリギリセーフ。

140526-06.jpeg
デュッセルドルフにて。お菓子の型。DR.DETKERはパリでも見かけるドイツメーカーです。

140526-07.jpeg
デュッセルドルフにて。メリタのアルミ製コーヒーフィルター。持ち手の部分がベークライトに見せかけようとして、ただのプラスチック。

140526-08.jpeg
週末ブロカントにて。とうとう来ました、我が家にプジョーのGIが。この数年探し続けていたもの。こんなきれいな状態で見つかったのは初めて。この色といい、ハンドルとのバランスといい、やっぱりプジョーは素晴らしい!

140526-09.jpeg
ヴァンヴの蚤の市にて。特大カフェオレボウル。この青バージョンを持っているので、お揃いになりました。おうどんを食べるときバラバラの器を使っていたけれど、これでようやく二つ並べることができます。

140526-10.jpeg
ヴァンヴの蚤の市にて。Unimelのネコキーホルダー。ちゃんと自立するし、細部まで丁寧にこだわって作られている。青が加わって、5色全部そろいました。

140606-14.jpeg 140320-14.jpeg 140606-15.jpeg