140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140411-11.jpeg

140411-01.jpeg
郊外ブロカントにて。大きなフック。今は壁に取り付けてカバンをかけている。重いものを下げてもビクともしない頑丈なフックです。

140411-02.jpeg
郊外ブロカントにて。フランスの秤メーカーPOSSOのレタースケール。同じ形でもう少し古いものを以前に買ったことがある。これはトレイがスケルトンでちょっとシャープな雰囲気。

140411-03.jpeg
郊外ブロカントにて。バドンヴィレーの塩ケース。かなり大き目で重い。ここに塩を入れて壁に取り付けていたのかと考えると、それってどんなキッチンなのかあまり想像がつかない。実際に使っているフランス人家庭を見てみたい。

140411-04.jpeg
郊外ブロカントにて。Chiosy le Roiのプレート。欲しいと思っていたタンポポ柄!厚みがあってちょっと重い。春らしくて、食卓がパッと明るくなる。

140411-05.jpeg
週末ブロカントにて。Longchampのカフェオレボウル。お茶碗ぐらいの大きさ。ツヤのある表面が特徴的。

140411-06.jpeg
週末ブロカントにて。DIGOIN&SARREGUEMINESのカフェオレボウル、ミニサイズ。 カフェオレボウルはどこで見ても「格安!」と言える値段のものはほとんどない。

140411-07.jpeg
週末ブロカントにて。カフェオレボウルを集めているマダムから購入。

140411-08.jpeg
週末ブロカントにて。Badonvellerのカフェオレボウル。この柄、かなり好き。こういう緑色ってとてもフランスらしい気がする。

140411-09.jpeg
週末ブロカントにて。DIGOIN&SARREGUEMINESのカフェオレボウル。少しヒビがあるけれど、全体に味があって落ち着いた雰囲気。水玉だけど、なかなか大人っぽい。

140411-10.jpeg
週末ブロカントにて。Pierrot Gourmandのキャンディースタンド(側面に棒キャンディを立てる穴が並んでいます)。わ~!!これ、とってもとっても欲しかったんです。でもかなりのコレクターアイテムのようで、どこで見ても100ユーロ以上…。それがたったの5ユーロで買えました♪これはゴールドで色付けされているけれど、衣装が黒だったり、顔が子供っぽかったり、色んなバージョンがあります。次にねらっているのは、ウィンクしているバージョン。

140413-16.jpeg 140320-14.jpeg 140413-17.jpeg