140219-01.jpeg

141118-04.jpeg141118-05.jpeg141118-06.jpeg141118-08.jpeg141118-10.jpeg141118-09.jpeg141118-07.jpeg180925-02.jpeg

140306-46.jpeg

140306-47.jpeg
週末ブロカントにて購入。ペリエの灰皿。ペリエグッズはブロカントでも蚤の市でもよく見かけるし今までそんなに惹かれなかったのだけど、この灰皿は一目ぼれ。陶器製というのがいい。

140306-48.jpeg
週末ブロカントにて購入。ルクルーゼは少しずつ集めている。もちろんほとんど毎日使っている。慣れてくるとホーローってなんて楽なんだろうと思う。そして何より料理がびっくりするくらい美味しくできる。重いのが難点だけど、でもこの重さが持てるうちはずっと使い続けようと思う。

140306-49.jpeg
週末ブロカントにて購入。ルクルーゼの片手鍋。家に帰ってからこれがエンゾ・マリデザインだったことに気づく。どうりで何か他のよりかわいいと思ったの!茹で卵2~3個ぐらいしか入らない小さい鍋。「鍋というものは、大は小を兼ねない」ということをルクルーゼに教えてもらいました。「大は小を兼ねる」というのが人生のモットーの一つであった私にはちょっとした衝撃でした。1つあれば万能という鍋はないのですね。それぞれの料理に合わせた大きさを選ぶことが大切(といいつつ、鍋ばかり増えていく言い訳)。

140306-50.jpeg
週末ブロカントにて購入。ソルト&ペッパーにまで手を出したら、おしまいよ~と思っていたけど安かったので思わず3セットまとめ買い。すっかり自他共に認めるルクルーゼ信者なのかもしれない。

140306-51.jpeg
週末ブロカントにて購入。昔エールフランスの機内で使われていた食器。ちょっと絵がズレている気がするんですが…。実はこのデザインのグラスを探し中。でも高いだろうなぁ。

140306-52.jpeg
郊外ブロカントにて購入。お店の人がフランス語であれこれ説明してくれて、「50」と聞こえたから「え!50ユーロ?高い!でもそれぐらいするように見えなくもないな」と散々買うかどうか悩んでいたけれど、よくよく聞くと「50年代製」のことで値段は10ユーロだった(でもさらに値切った)。フランス語頑張らねば…。西ドイツの聞いたことのないメーカーのもの。

140306-53.jpeg
郊外ブロカントにて購入。これまた西ドイツのメーカー。今もある老舗メジャーのメーカー。元々持っているメジャーが1mなのだけどちょっと足りないと思うことが多いので、1.5mメジャーがあるととても助かります。

140227-07.jpg
郊外ブロカントにて購入。缶には興味なしと思っていたけれど、これはとっても素敵なデザインで初めて「欲しい!」と思えた缶だった。手芸道具を入れようと思ったけれど、あまりにかわいいから飾ったままにしています。

140306-54.jpeg
ヴァンヴの蚤の市にて購入。欲しかったプジョー×サルグミンヌの壁掛けコーヒーミルを見つけて大興奮!しかもすごくきれいな状態。何の絵も描いていないつやつやとした白い陶器がすごくいい。

140306-55.jpeg
ヴァンヴの蚤の市にて購入。特に古いものではなさそうなアラビアのオーナメント皿。裏に糸を通すための小さな穴が空いている。

140320-20.jpeg 140320-14.jpeg 140320-21.jpeg